ミュージアム活動

歴史を尊び、伝える

人類の歴史的・伝統的・文化的資産である“やきもの”。
LIXILは、日本六古窯の一つであり、INAX創業の地でもある愛知県常滑市で、ミュージアム活動を展開しています。

INAXライブミュージアム

INAXライブミュージアムは2006年、「窯のある広場・資料館」「世界のタイル博物館」「陶楽工房」の既存の文化施設に「土・どろんこ館」「ものづくり工房」が加わり、やきものの街「常滑」にグランドオープンしました。さらに2012年、「建築陶器のはじまり館」を新設し、土からやきものまで、ものづくりの心を伝えるミュージアムとして躍動感あふれる活動を展開しています。

【INAXライブミュージアムのシンボルマーク】

土は水を得て形となり、火を通してやきものになります。
四角い背景は、無限の可能性を秘めた空間を表現し、この3つのマークは、火と水と土との出会いを象徴しています。

各施設のご紹介

『世界のタイル博物館』(1997年開設)

紀元前から近代までのタイルコレクションの中から約1000点を展示し、装飾タイルの発展の歴史を紹介している日本で唯一のタイル博物館。1階常設展示室では、それぞれの時代の代表的なタイル空間を再現し、先人の熱き装飾の心を体感いただきます。

『窯のある広場・資料館』(1986年開設)

かつて土管が焼かれていた、大煙突と大きな窯を抱く建物を整備。飴色に輝く窯の内部を公開するとともに、日本の近代化に貢献した「土管」や、「青と白」の華麗な文様で美しく飾られた、粋で典雅な「染付古便器」を展示しています。また、窯のある広場には、ビル建築におけるタイル文化の普及に貢献してきた「トンネル窯」の一部を移築、再現しました(2006年)。
1997年「登録有形文化財」に指定、2007年「近代化産業遺産」に認定。

『建築陶器のはじまり館』 テラコッタパーク(2012年開設)

大正から昭和初期、新しい時代の建物が次々と建てられ、「建築陶器」と呼ばれるやきもの製のタイルとテラコッタがその外壁を飾りました。明治時代につくられた初期の作品から、1930年前後の全盛期に至る、日本を代表するテラコッタ・コレクションを屋内外に展示し、華やかな一時代の姿を伝えます。

『土・どろんこ館』(2006年開設)

住まいの素材であり、やきものの原料である土。土をふんだんに使った建築の温もりや気持ちよさを感じる館内で、土にまつわる展示や“光るどろだんごづくり”などの体験教室を開催しています。土に触れ、遊び、体感することで、土の無限の表情に出会い、その魅力や可能性を発見いただけます。

『陶楽工房(とうがくこうぼう)』(1999年開設)

緑に囲まれた気持ちのよい空間で、タイル絵付けやモザイクアートなど、豊富なメニューで“ものづくり”を楽しむ体験教室を開催しています。より本格的に・・・そしてのんびりと、気軽に「陶」を「楽」しんでいただける工房です。

『ものづくり工房』(2006年開設)

やきものの街で培った“ものづくり”の伝統や技術を、製品や資料を通して紹介します。 歴史的建造物の再生・復原への協力や、芸術家、建築家など、さまざまな分野の人との交流によって、新しいやきものづくりに挑戦します。