トップメッセージ

SHARE

in

起業家精神を持って、
未知への挑戦を楽しめる人。

松村はるみ
株式会社LIXIL
取締役 専務役員 Chief Human Resources Officer

「実質的な成長」のステージに入ったLIXIL

2011年、国内の主要な住宅建材・設備機器メーカー5社の統合を機に、LIXILは「住生活産業のグローバルリーダー」を目指すことを宣言、2013年からは米国アメリカンスタンダード ブランズ社やドイツのグローエ社などのM&Aによりグローバルな事業拡大に向けた基盤を確立してきました。現在は特に水まわり商品を中心に、グループの技術・品質・生産力を活かした革新的な製品とサービスを国内外の市場に向けて展開する「実質的な成長」のステージに立っています。国内においては「住まいと暮らしの総合住生活企業」として、国策でもある省エネ+創エネによるゼロエネルギー住宅や大きな潜在需要が見込まれるリフォーム関連市場を重点分野にトータルソリューションを提案し、さらなる成長を目指しています。

LIXILの技術を全世界に根付かせることができる人材

2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、日本は今まさにグローバル化が加速する過程にあります。これと歩調を合わせるようにLIXILもグローバルマインドの会社に変貌しつつあります。そのような環境で私たちが求めるのは、技術と専門性、そして意欲を持ち、広い視野をもって仕事に向かおうとする人材です。トイレ部門では愛知県の榎戸工場をマザー工場と位置づけ、世界に先駆けた最先端の技術開発を行うと同時に、これを欧米・アジア・アフリカなど各国の生産拠点や市場に広め、製造技術や製品を現地に根付かようとしています。これからの成長戦略に向かって、入社時点ではまだ語学力や専門性が備わっていなくても学ぶ意欲に溢れ、異なる文化や人との協働や未知へのチャレンジを楽しめる人をLIXILは求めています。

創業者の想いに学び、「起業家精神」をきたえてほしい

社会人として仕事をしていくうえで最も大切なことは、自分の夢を持ち続けることだと私は考えています。担当する仕事を自分の夢に引きつけて主体的に捉え、心からの覚悟を持って取り組む姿勢が何よりも重要ですし、リーダーシップもそこから生まれると思います。就職活動は企業研究のチャンスでもあります。みなさんにはぜひ一度、東京都江東区にある「LIXIL資料館」に足を運んでいただきたい。この施設はLIXILに統合した5つの会社の創業以来の歴史を追うと同時に住生活に対する創業者の想いが伝わる展示になっています。

課題先進国日本から次代のライフスタイルを発信しよう

LIXILは2020年までに「世界で最も企業価値が高く、革新的で信頼されるリビングテクノロジー企業となる」というビジョンのもと、住生活のあらゆるシーンに新しい価値を創造すべく研究開発に取り組んでいます。IoTの住宅への活用もその1つです。これまで行ってきた実証実験では屋内外に200以上のセンサーを設置して住生活に関するデータを収集、少子高齢化が進む課題先進国日本の社会ニーズに応え、介護・医療・防犯・エネルギー・生活サービスなどあらゆる分野での活用を研究しています。また昨年、デジタルマーケティングを進めるために新たにChief Digital Officerも就任しました。新しいライフスタイルの創造には新しい発想を新しいコミュニケーションスタイルで発信していく人材も必要です。次の時代を自らの哲学とスタイルで切り拓いていく、そんな気概を持ったみなさんとの出会いに期待しています。

SHARE

in

採用情報

PageTop