竺 金蕊

SHARE

in
物流の最適なカタチを追求。世界をフィールドにして、“物流”のプロを目指す。

管理部門

竺 金蕊

Zhu Jinrui

購買物流本部 GSS部
2012年度入社
商学部卒業

常に変化がある、新しいチャレンジがあるLIXILに惹かれた。

私の出身は中国・上海。開発から、生産、販売まで仕事の分野が幅広く、多くの経験ができると思いLIXILを志望しました。面接では、「当社には常に変化がある。新しい仕事もチャレンジの機会も次々ある」と聞き、率直に感動しました。そのような環境ならば、自分を成長させることができる、楽しんで仕事ができると思い、入社を決めました。
入社以来担当しているのが、輸出入に関わる国際物流です。例えば輸出では、海外からのオーダーを受けて工場に生産を発注、国内陸送から船便、エア便など、お客さまのニーズに合わせた物流手段を選択し、お客さまの元に製品が届くまでの物流をコントロールしていきます。目指しているのは、QCD(Quality、Cost、Delivery)を常に意識し、最適な物流のカタチを実現すること。現状の物流の改善も大きなテーマの一つです。積載率の向上などによって効率性を高め、物流コストの圧縮を目指した取り組みを進めています。また、海上輸送を担う海運会社などを決定するための「海上入札」も担当しています。

ベトナムの新工場立ち上げで取り組んだ輸入業務の標準化。

大きなやりがいを実感したのは、ベトナムの新工場立ち上げに参加した時です。現地に2週間出張し、輸入業務の標準化に取り組みました。ローカルスタッフに輸入実務の基礎知識や考え方、作業手順などを指導。具体的には、輸入実務を確実に理解してもらうため、業務標準書である「マイタスク」をスタッフそれぞれが自分で作り上げる取り組みを進めました。目標としたのは、輸入実務を知らない人でも、「マイタスク」を見れば作業を行えるようにすることです。時間が限られている中、英語でのやり取りに不安はあったものの、メンバー一丸となって目標を達成し、確かな充実感を得ることができました。
私のもう一つの仕事に、アメリカンスタンダードブランズ(ASB)との、物流面におけるシナジーを実現する取り組みがあります。ASBが持つ北米市場の物流ルート・チャネルを効果的に活用する仕組みづくりを進めています。今後の目標は、国際物流の多岐にわたる仕事を経験して“物流のプロ”になること。「物流のことなら竺に聞こう」と言われる人材に成長したいと思っています。

1日のスケジュール

AM

  • 8:00
    出社/始業・朝礼各スタッフの出勤状況の確認やスケジュールの報告を行います。
  • 9:00
    メールチェック取引先(船会社・フォーワーダー)からの各種依頼事項を手際よく処理。
  • 10:00
    社内ミーティングメイン案件の情報共有と進捗確認を行います。
  • 12:00
    昼食リフレッシュしながら、世界のニュース・トレンド話題をシェアします。

PM

  • 13:00
    定例業務担当入札ルートの実績確認・統計等。
  • 14:00
    取引先面談進行中案件の進捗・課題を共有します。
  • 16:00
    関連海外会社とTV会議国際物流運用上の課題や改善できる箇所の情報共有と提案。
  • 17:30
    資料作成PJ立案・戦略資料を作成。
  • 18:00
    メール確認 海外拠点問い合わせの対応。翌日会議の準備等。
  • 19:00
    退社

SHARE

in

採用情報

PageTop