牧 道太郎

SHARE

in
人にやさしい製品づくり。エンドユーザーの快適性だけでなく、施工する側の効率も考えて開発。

生産・開発系

牧 道太郎

Michitaro Maki

水まわり総合技術研究所 空間技術開発室
2008年度入社
工芸科学研究科修了

施工効率のアップで、工期短縮をアピール。

現在はユニットバスの、次期モデルの構造検討を行っており、ユニバーサルデザインや、リフォーム工期短縮化の視点から、現行モデルの問題点の抽出や施工時の効率性の改善などに取り組んでいます。リフォーム現場に行ったり、自分たちで実際に商品を施工したりしながら、細部に至るまで検証を重ねます。ユニバーサルデザインと言うと、どうしてもエンドユーザーにとっての使いやすさの追求ばかりをイメージしがちですが、施工業者さんにとって扱いやすい形状かどうか、いかに短期間で効率よく設置できるかということも重要なポイント。特にリフォームの場合はニーズもさまざま、条件の厳しい物件が多いので、工夫してクリアするやりがいもありますね。

「人にやさしい会社」を職場でも生活でも実感!

学生時代はレース活動に取り組むほど自転車にのめりこんでいました。自転車の構造そのものが洗練された完成度の高いものなので、自分の担当している部材を自転車の構造に置き換えて考えることもありますね。原理的なところは同じだったりするので、自分にとってそれが一番わかりやすい(笑)。休日には時々、同期や先輩たちと自転車ツーリングに行ったり、一緒にチームを組んで大会に出たりしています。
仕事環境でも本当に人に恵まれていると思いますね。商品知識、アイディアが豊富な方など、自分も見習いたいと思える先輩や、どんなことにもしっかり耳を傾けてくださる上司の方がいるので心強いです。職場でも普段の生活でも「LIXILは人にやさしい会社」だと日々実感しています。

1日のスケジュール

AM

  • 8:15
    出社会社近くのアパートから、自転車で通勤しています。
  • 8:30
    始業、朝礼1分間スピーチや、スケジュールの共有を行います。
  • 9:00
    他社品ユニットバスの施工自社品との構造の違いを細かく調査。
  • 12:00
    昼食社内の食堂でチームメンバーと昼食。仕事以外の話で盛り上がります。

PM

  • 13:00
    打ち合わせ(1)浴室開発メンバーに施工調査結果を報告し、新商品の構造について議論。
  • 15:00
    図面作成ユニットバスの試作部材の図面をCADで作成します。
  • 17:00
    打ち合わせ(2)試作部材について業者と打ち合わせを行い、見積もりを依頼。
  • 18:30
    退社会社帰りに、同じビルで働く同期と飲みに行くことも。

SHARE

in

採用情報

PageTop