木野 由利子

SHARE

in
先手必勝と丁寧な仕事がモットー。お客さまの記憶に残るアプローチでLIXILの魅力を発信!

営業系

木野 由利子

Yuriko Kino

ビル統括部 企画管理G
2005年度入社
文学部卒業

公務員志望から一転、自ら仕掛けていく営業職。

昔から水廻りが汚いのが許せない子どもで、親から「トイレ評論家」と言われていたほど(笑)。大学卒業後は地元に貢献したくて公務員を目指していましたが、トイレへの興味から受けたこの会社からスムーズに内定をいただくことができ、これも何かの縁かと思い、入社を決めました。
現在の主な営業先は、大手設計事務所様やゼネコン様。私が仕事に取り組む上でのモットーは、"先手必勝"です。ビルや学校などの設計図を作成する際、設計士の方が各部位の仕様がわかるように暫定的にメーカー品番を入れていくのですが、その時に「商品提案や図面作成協力をさせてください」と申し出ます。そうしてお客さまの手間を省いたり、良い提案をしたりすることで、図面にLIXILの品番を入れていただけると、最終的な商品決定の際に採用されやすくなります。これからも、お客さまのかゆいところに手が届く営業でありたいと思っています。

企業ブランディングを、最前線でフォロー。

住宅におけるトイレのシェアは大きくても、学校や病院などの非住宅についてはまだまだ開拓途上。「常にサービスの提供者であること」を忘れず、「LIXILにお願いすれば、丁寧な仕事をしてくれる」とお客さまに思っていただけるよう努めています。先輩方が久しぶりにお会いしたお客さまからも声をかけられている様子を見ていると、自分も長くお客さまの記憶に残る仕事をしたいなと思います。
営業は、常に会社の信用とブランドを背負って仕事をしています。単に商品説明をするだけでモノが売れる時代ではなくなってきているので、営業一人ひとりが、企業の理念や姿勢までも明確に伝えていくことはとても重要。ですから、デベロッパー様や設計事務所様などのお客さまとお会いする時には、LIXILの代表になったつもりで、"LIXIL"というブランドの魅力をきちんと伝えていくよう心がけています。

1日のスケジュール

AM

  • 8:30
    出社朝礼、スケジュール確認。
  • 9:00
    問い合わせ対応メールやFAXの対応。
  • 10:00
    お得意先様訪問(1)アポを取ったお客様との打合せ終了後はアポが無いお客様にも声掛け・面談依頼。新規情報入手や親密化のために欠かません。
  • 12:00
    昼休憩社外にいる時はひとりですが、社内にいるときは先輩や他部署の方と一緒にランチに行き、コミュニケーションを取ります。

PM

  • 13:00
    ショールーム案内お客様にショールームにお越しいただき、実際の商品を見て頂きます。
  • 15:00
    お得意先様訪問(2)依頼された図面とプレゼン資料の提出。スペックインに向けて重要な段階。
  • 16:30
    お得意先様訪問(3)電話にて問合せ頂いたお客様を訪問、ご挨拶。カタログで商品説明。
  • 17:30
    帰社外出中に来たメールやFAXへの対応。翌日に予定している面談の用意。
  • 18:30
    行動記録入力面談記録や日報入力。
  • 19:00
    退社訪問先からの直帰もあります。

SHARE

in

採用情報

PageTop