中西 崇人

SHARE

in
案件のすべてを知りつくし、真剣勝負で取り組むことで営業としての魅力を高める。

営業系

中西 崇人

Takehito Nakanishi

ビル営業部 ビル首都圏第二支店
1998年度入社
文理学部卒業

初めてすべてを1人で担当する現場。誠意ある態度で臨んだ。

入社以来、一貫して外壁やサッシ、窓などのビル建材の営業を担当。この仕事は、クライアントであるゼネコン様から要請された建築図面の見積りから始まります。また、迅速に物件情報をキャッチし、こちらからアプローチする場合も少なくありません。いずれの場合も、価格面の折り合いをつけ受注し、受注後は完成に向けて、工程や予算などを管理し、施工現場をスムーズにコーディネートしていくのが役割です。
この一連の流れを、初めて1人で手がけたのが大阪の新規物件でした。受注後はミスが頻出し、施工図面と違った製品が生産され、製品の納期に間に合わなかったこともありました。謝罪の日々の中、質問に答えられないことがないように現場の隅々まで把握し、クライアントのどんな小さな要望にも応えようと奔走。その結果、現場のスタッフから声をかけられることが多くなり、現場に笑顔が増え、多くのスタッフから信頼を寄せられるようになっていました。

常に自分を高め、成長させることが不可欠。

現場をスムーズに動かすには、現場監督様をはじめ、そのプロジェクトに関わる多くのスタッフとの人間関係が大切です。つまり、自分を信頼してもらうこと。信頼があって成り立つ仕事であることを、この大阪の仕事で強く実感しました。
お客さまの信頼を得るためには、相手の立場に立ち真剣に問題に取り組むこと、常に迅速に対応すること、あるいは約束を厳守するといった細かなことまで、さまざまな要素があります。端的に言えば、自分という人間を好きになってもらうということであり、そのためには自分が魅力ある人間である必要があります。そのためには、常に自分を高めること、成長させていくことが必要です。今後、多くの技術的な知識を吸収し、"提案型営業"のスタイルを身につけることで理想の姿に近づきたいと思います。

SHARE

in

採用情報

PageTop