村田 裕美

SHARE

in
新人時代の失敗から学んだお客さまの期待の大きさ。人々の生活の中にLIXILはある。

営業系

村田 裕美

Hiromi Murata

神奈川支社 みなとみらい支店
2009年度入社
法学部卒業

オリジナル仕様にひと工夫を加え、新規受注を目指す。

神奈川エリアで事業を展開しているハウスメーカー様5社とリフォーム店様に対して、水回りやタイル建材を中心とした商品の提案活動を行っています。全国に拠点を展開しているハウスメーカー様の場合、特需営業部がオリジナル商品の採用活動を行なっていますが、だからといって全国各地で必ず採用されるわけではありません。神奈川エリアでLIXIL商品を一つでも多く使っていただくために、オリジナル商品の説明会を開催したり、時にはエリアオリジナル仕様をお客さまと一緒に企画するなど、活動内容は多岐にわたります。
仕事をしていて最もうれしいのは、それまで採用していなかった製品を私の提案で採用していただいた時です。1あるものを2に増やすより、0から1を獲得することの方が難しいですが、それだけにやりがいも大きく、営業として手応えを感じています。

長いスパンでお客さまの期待に応え続ける。

入社1年目に私の確認不足が原因で、あわや納期に間に合わないというミスをしたことがあります。浴室のリフォームだったため、予定通り納品できなければお施主様が入浴できません。上司から工場に連絡し、工場の方々の協力も得て、急きょ出荷することができました。私も現場に出向き、部品を全て確認。無事、納品できた時には、申し訳ない気持ちと、関わった全ての人への感謝の気持ちでいっぱいでした。普段は業者様との関わりが多い仕事ですが、この時、改めてその先にエンドユーザー様がいることを痛感。以来、何事においてもエンドユーザー様の気持ちを忘れずに活動しようと心に誓った出来事でした。
この他にも苦労はたくさんありましたが、その度に周囲の仲間に支えられてきました。まだまだ目の前の仕事やお客さまに対応するだけで精一杯ですが、早くお客さまの将来を見据えた提案ができるよう、商品知識や業務知識の習得に取り組んでいます。そして何よりもお客さまに必要とされる営業になることを目指し、長く仕事を続けたいと考えています。

SHARE

in

採用情報

PageTop