ルート営業 宮田 耕輔

SHARE

in

代理店のパートナー的立場で信頼を獲得し
さらなるシェア拡大につなげる。

ルート営業

宮田 耕輔
Kosuke Miyata

東京支社 東京西支店
2011年度入社
政治経済学部卒業

仕事の流れ ルート営業

代理店との信頼関係の構築が売上拡大の第一歩。

仕事で世の中に貢献していることを実感できる環境で働きたいと考え、LIXILに入社した宮田が、入社以来、担当しているのは「ルート営業」。代理店のビジネスパートナーとして、LIXILのユニットバスやトイレなどの水回り商品の売上拡大を目指す仕事である。
「代理店様が工務店様やリフォーム店様と商談する際、同行してサポートしたり、代理店様に当社商品を提案していただくことを啓蒙する勉強会を実施したり、代理店様が当社商品を売りたくなるようなキャンペーンを企画したりしています」
宮田が担当している代理店は、他社商品のシェアが大きい会社が多く、特に水回り商品は多くの競合がひしめいているため、シェアの拡大が目下の課題となっている。
「代理店様を通して、実際に商品を使用するエンドユーザー様の真のニーズを掘り起こし、当社商品を採用してもらうために自分なりに考えた戦略を代理店様に実行していただいた時の喜びは格別なものがあります」
成果を出すことで得られる仕事の楽しさに加え、代理店との信頼関係が着実に深まっていることに、宮田は今、確かな手ごたえを感じている。

変化に負けない営業スタイルを作る。

将来、宮田が目指しているのは、担当エリアや取引先が変わっても結果を出せる「最強の営業」になること。そこで最近は、これまで担当していなかった学校施設やリノベーション案件などを積極的に引き受け、変化に挑戦している。そんな宮田が常に心がけているのが、お客様の視点や感じ方を意識することである。
「いくら自分がいい提案だと思っていても、お客様に共感していただけなければ商品は売れません。そこで、『この商品をどう提案すれば採用したいと感じてもらえるだろう』とか、『どのような対応すれば、また自分に依頼したいと思ってもらえるだろう』ということを考えながら、代理店様や工務店様、リフォーム店様はもちろん、エンドユーザーにも魅力的な精度の高い提案を目指しています」
人から何かを頼まれたら、相手の視点に立って素早く対応することで、社内外問わず周囲の信頼を獲得してきた宮田の「最強の営業」になるためのチャレンジはこれからも続く。

1日の仕事の流れ

AM

  • 8:30
    出社出社後、メールをチェック。お客様からの各種依頼事項に対応する他、社内の細かな伝達事項を確認。
  • 9:00
    お客様を訪問事務所を出発。代理店様、工務店様とのリフォーム案件の打合せのため現場に向かう。
  • 10:00
    打ち合わせ打合せ開始。工務店様に複数案を提案し、最適な案を一緒に検討する。
  • 11:00
    工務店様を訪問新商品の紹介に加え、LIXIL商品を採用していただけそうな案件がないかヒアリング。
  • 12:00
    昼食

PM

  • 13:00
    代理店様を訪問ITソリューション部のスタッフと同行し、見積りシステムの勉強会を実施。
  • 15:00
    工務店様を訪問案件の進捗状況を確認。
  • 17:00
    帰社本日訪問した代理店様や工務店様から依頼を受けた事項の対応。
  • 19:00
    退社
  • 20:00
    リフレッシュジムで汗を流して身も心もリフレッシュ。

SHARE

in

採用情報

PageTop