利便性 - Usability -

RV車や大型車にも対応 - 高さ、奥行も余裕のサイズバリエーション -

余裕の高さH22を標準設定

[設定のあるスタイル]RF

余裕の高さH22を標準設定

セダンなどの車から、1BOXやRVなど車高のある車へ。将来を見越して余裕の柱の高さを選ぶ方が増えています。そこでネスカでは、従来H18だった標準柱の高さをH22に設定。さらに、ロング柱、H28柱もご用意しています。

柱の高さは3つのバリエーションをご用意

柱の高さは3つのバリエーションをご用意

奥行54も新設定、さらに豊富なサイズバリエーション

[設定のあるスタイル]RF

奥行50、57のサイズに加えて、一般的な駐車スペースに合わせた奥行54を新たに設定。敷地への対応力を高めています。例えば、奥行54の場合、大型車にはジャストサイズ。小型車には雨の日などの荷物の積み降ろしに便利な空間が生まれます。

奥行54/車サイズ4860mmの場合

奥行54/車サイズ4860mmの場合

奥行54/車サイズ4600mmの場合

奥行54/車サイズ4600mmの場合

奥行サイズバリエーション

奥行サイズバリエーション

※奥行54サイズは奥行50、57サイズと屋根材幅が異なります。

車台数や、さまざまな敷地条件に対応できる豊富なバリエーション

[設定のあるスタイル]RF

車を複数台保有されている場合や敷地に余裕があって来客にも対応したい場合。また将来の複数台所有を想定してなど、ネスカはさまざまな条件に対応できるバリエーションの豊富さが特長です。

ワイド

ワイド

車2台が駐車できるワイドタイプ。コストパフォーマンスも魅力です。

縦連棟

縦連棟

レギュラータイプを奥行方向に2棟並べたタイプ。縦長の敷地を利用して2台分の駐車スペースを確保します。

Y合掌

Y合掌

2つのレギュラータイプを、柱を中央に背中合わせで連結。柱が外側にないので、圧迫感がありません。

M合掌

M合掌

2つのレギュラータイプを、柱を両側に配して連結。屋根のデザインが保たれた一体感のあるデザインです。


異形敷地も有効活用できる対応力

異形敷地も有効活用できる対応力OPTION

[設定のあるスタイル]RF

正面台形

変形敷地に対応し、道路境界からはみ出しません。

対応機種:ネスカR レギュラー / ネスカF レギュラー

守りの安心。耐積雪・耐風圧強度をアップ

耐風圧強度 風速=38m/秒相当に設定

[設定のあるスタイル]RF

日本列島は台風の通り道。突発的に吹く強風も、年間を通じて起こっています。ネスカは、耐風圧強度 風速=38m/秒相当を設定し、守りの安心を備えています。

もしも、の雪への備え
「耐積雪・耐風圧パッケージ」

[設定のあるスタイル]RF

オプションパーツの「サポート」「母屋補強材」「屋根材ホルダー」を組み合わせた「耐積雪・耐風圧パッケージ」をご用意。
耐積雪20cmを30cmまで高め、さらに耐風圧強度は風速=46m/秒相当へアップします。

※H28柱は対応していません。

耐積雪・耐風圧パッケージ

耐積雪・耐風圧パッケージ

サイクルポートもコーディネート

ネスカ ミニ

[設定のあるスタイル]RF

ネスカ ミニ

サイズバリエーションの豊富さがミニの特長。敷地を有効に活用できます。

快適性 - Comfortable -

用途に合わせて選べる屋根材バリエーション

屋根材は条件や用途に応じてお選びください。ネスカは4つのタイプをご用意しました。

ポリカーボネート板

[設定のあるスタイル]RF

ガラスの約200倍の耐衝撃強度。
特殊コーティングで紫外線をほぼ100%カットします。
火源から離れると自然に火が消える自己消火性という特長も持っています。

強度はガラスの約200倍 UVカット
クリアブラウン(透明)

クリアブラウン
(透明)

全光線透過率:49%
熱線カット率:34%

クリアブルー(透明)

クリアブルー
(透明)

全光線透過率:31%
熱線カット率:37%

クリアマット(すりガラス調)

クリアマット
(すりガラス調)

全光線透過率:83%
熱線カット率:20%

熱線吸収
ポリカーボネート板

[設定のあるスタイル]RF

熱を効果的にカットする熱線吸収タイプ。真夏の日射しを浴び、高温になるカーポート下のスペースも、このパネルの下なら車内温度の上昇を抑えます。

強度はガラスの約200倍 UVカット 熱線吸収で熱をカット
ブルーマットS(すりガラス調)

ブルーマットS
(すりガラス調)

全光線透過率:17%
熱線カット率:52%

クリアマットS(すりガラス調)

クリアマットS
(すりガラス調) ※2

全光線透過率:80%
熱線カット率:36%

※2 熱線吸収ポリカーボネート クリアマットSは、やや青みがかったパネルです。

熱線遮断FRP板DRタイプ

[設定のあるスタイル]RF

日射しによるカーポート下の温度上昇を軽減。建物に隣接して設置した場合には室内の温度上昇も軽減し、省エネにも貢献します。さらに、有害な紫外線をほぼ100%カットします。

強度はガラスの約200倍 UVカット 熱線吸収で熱をカット
ミストグレーS(すりガラス調)

ミストグレーS
(すりガラス調)

全光線透過率:30%
熱線カット率:70%

※全光線透過率:明るさの目安です。値が大きいほど明るくなります。熱線カット率:熱さの元となる熱線を巡る目安です。
値が大きいほど温度上昇を軽減します。上記数値は参考値です。

※1 耐衝撃強度です。


太陽光線下での測定結果(実測値)

クリアブルー・ブルーマットS
測定部 直射日光下 ポリカーボネート屋根材
(クリアブルー)
熱線吸収ポリカーボネート屋根材
(ブルーマットS)
車内温度 62℃ 50℃ 46℃
ダッシュボード 77℃ 58℃ 51℃

※7月上旬測定 気温35度

※この数値は実測値であり、製品保証値ではありません。

クリアマット・クリアマットS
測定部 直射日光下 ポリカーボネート屋根材
(クリアマット)
熱線吸収ポリカーボネート屋根材
(クリアマットS)
車内温度 52℃ 48℃ 44℃
ダッシュボード 83℃ 71℃ 62℃

※9月上旬測定 気温30度

※この数値は実測値であり、製品保証値ではありません。

オプション追加でさらに便利に快適に

サポート

[取付可能なスタイル]RF

片流れカーポートの、積雪による一時的な屋根の垂れ下がりや、強風時のバタツキを緩和するサポートは、固定式と着脱式から選べます。

サイドパネル

[取付可能なスタイル]RF

横なぐりの雨や風から車を守り、人の乗り降りの際も役立ちます。また、隣地などからの視線を遮ります。

サポート
サイドパネル

カースペース用タイル カーフロア

[取付可能なスタイル]RF

タイヤ痕がつきにくく、割れにも安心。カースペースに適した特長を持つタイルです。

物干しセット

[取付可能なスタイル]RF

柱部分に取り付け、物干し竿を掛けるアイテム。
カーポートの使い勝手を拡げます。

カースペース用タイル カーフロア
物干しセット

カーポートカメラセット

[取付可能なスタイル] RF

LIXILカーポート(フーゴ・ネスカ)の柱に取り付けられ、LEDライトも装備できる屋外カメラセットです。

※カーポートカメラセットには、ホームユニットが必要です。
※カーポートカメラセットは、カーポートライト、コンセントフレーム、スマート防水コンセント、柱ガード、物干し、スクリーンパッケージ、輪止めとの併用はできません。
※屋外カメラ用配線カバーはH28柱用に設定しています。ロング柱、標準柱の場合は現場加工が必要です。
※屋外カメラ用配線カバーに、屋内カメラ電源コード付きは取り付けできません。
※屋外カメラ用照明は、単独では使用できません。

照明付き
照明なし

カーポートカメラセット

デザイン性 - Design -

コーディネートの幅が広がる最大5色のバリエーション

[設定のあるスタイル]RF

人気のナチュラルシルバーやシャイングレーなど、最大5色のアルミ形材色がお選びいただけます。

オータムブラウン

オータムブラウン

シャイングレー

シャイングレー

ホワイト(アイボリーホワイト)

ホワイト
(アイボリーホワイト)

ブラック

ブラック

ナチュラルシルバー

ナチュラルシルバー

※ネスカFにはホワイト(アイボリーホワイト)はありません。

すっきりスマートな印象を与えるディテール

スマート雨樋

スマート雨樋OPTION

[設定のあるスタイル]RF

柱まわりをすっきりみせるスマート雨樋。カーポートが端正な印象に。

※ネスカFは、レギュラーのみに設定。

特許出願中

柱梁カバー

柱梁カバー

[設定のあるスタイル]RF

柱と梁の接合部分のカバーを最小限とすることで、すっきりスマートな印象に。

特許出願中

施工性 - Workability -

品質の安定と施工時間短縮を実現

ネジ・ボルトの種類を5種類から3種類に低減。特に、屋根部の施工に使用するネジを4種類から1種類に一本化することで、脚立の上でネジを探す時間を軽減しました。

母屋や垂木、屋根材に固定する、Φ4のドリル形状のネジと、ワッシャーヘッドのネジをΦ5のトラスネジに変更しました。さらに、ネジ径のUPとネジ形状の変更に応じた部材の下穴追加によって、ネジが締めやすくなりました。
これらの変更が、品質の安定と施工時間の短縮につながっています。

品質の安定と施工時間短縮を実現

現場に合わせて選べる基礎仕上げ

独立基礎施工の場合

カーポートの一般的な基礎です。

土間コンクリート施工の場合

駐車スペースの土間コンクリートと併せて施工することで、カーポートの基礎を独立基礎より小さくすることができます。

偏芯基礎部材使用の場合

専用の偏芯基礎部材を使用することで、基礎の位置は動かさずに、柱の位置だけを移動することができます。

独立基礎施工の場合
土間コンクリート施工の場合
偏芯基礎部材使用の場合

※施工条件など、詳しくは取付説明書をご確認ください。