スーパーウォール工法:スーパーウォール デュアルの機能について

スーパーウォール デュアル

充填付加断熱工法 スーパーウォール デュアルについて

スーパーウォール デュアルとは

住宅に求められる断熱性能が引き上げられる中で、LIXILは、従来よりさらに断熱性能を高めた充填付加断熱工法「スーパーウォール デュアル」を開発。外側付加断熱100EX・内側付加断熱100INの2タイプをラインアップし、ワンランク上の高性能住宅を提供いたします。

SUPER WALL DUAL 100EX

外側付加断熱
主な特長
  • T100の2倍の断熱性
  • 外貼り断熱パネルのフルジャストカット対応
  • 全エリアでHEAT20 G2基準をクリア※2

※1 T100H(北海道用)、スーパーシェル2×6(北海道、東北地域)もございます。

※2 自立循環型住宅設計ガイドラインモデルにおける試算値です。

SUPER WALL DUAL 100EX

SUPER WALL DUAL 100IN

内側付加断熱
主な特長
  • 省施工の石膏ボード一体パネル
  • 外壁側にふけない狭小地対応
  • 重量のある外壁材にも対応できる内側付加断熱

※1 T100H(北海道用)、スーパーシェル2×6(北海道、東北地域)もございます。

SUPER WALL DUAL 100IN

高断熱

断熱化の課題となる木材熱橋

木造住宅で充填断熱の場合、柱によって断熱材を分断してしまいます。ウレタンフォームの約46分の1の断熱性能である木材が熱を伝達してしまい木材熱橋となります。

断熱化の課題となる木材熱橋

一般的な材料における室温付近での熱伝導率

一般的な材料における室温付近での熱伝導率

※出典:平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説、ウレタン:スーパーウォール使用材料

付加断熱により熱橋を防止

100EX/100INともに、熱を伝えやすい柱(木部)を覆う付加断熱によって熱橋を防止。断熱性能アップを実現しています。

付加断熱により熱橋を防止

外壁断熱性能はT100の2倍

T100パネル(硬質ウレタンフォーム100mm)にEXパネル(硬質ウレタンフォーム50mm)を付加した場合、T100パネルの約2倍。INパネル(硬質ウレタンフォーム30mm)を付加した場合、約1.6倍の断熱性能を実現することができます。

木熱橋を含めた熱抵抗値

木熱橋を含めた熱抵抗値

※本試算では、木熱橋を含めた熱抵抗値のため、断熱材単体の値とは異なります。

※T100・100IN・100EXは、切欠きなしタイプの値です。

※100EX:T100+硬質ウレタンフォーム50mm

※100IN:T100+硬質ウレタンフォーム30mm+せっこうボード9.5mm

※T100:硬質ウレタンフォーム100mm充填+OSB9mm

※T65:硬質ウレタンフォーム65mm充填+OSB9mm

※GW16k:50mm充填+OSB9mm

防火

スーパーウォール デュアルは防火認定を取得

100EX/100INパネルは、「防火認定」を取得しています。そのすぐれた安全性から、防火制限地域においても、必要に応じて建築規制に対応することが可能です。

防耐火認定内容

認定内容 外装材 石膏ボード 認定番号
外壁30分防火構造 窯業サイディング15mm以上
(NYG防火認定品・金具留め)
9.5mm以上 PC030BE-3435-1(1)
金属サイディング15mm以上
(AT外装Danサイディング)
真壁:12.5mm以上
大壁:9.5mm以上
PC030BE-3475-1(1)
外壁45分準耐火構造 窯業サイディング15mm以上
(NYG防火認定品・金具留め)
12.5mm
+9.5mm以上
QF045BE-1372-1(2)

設計仕様

スーパーウォール デュアル の仕様詳細について

共通 モジュール 尺、M(100Hを除く)
構造 壁倍率 2.5倍(建築基準法 告示1100号仕様)
5倍(国土交通大臣認定)※1
耐力面材 種類 OSB(JAS構造用パネル4級F☆☆☆☆)
樹種 針葉樹
厚さ 9.0mm
断熱材 種類 A種硬質ウレタンフォーム保温板1種相当品
※2(ノンフロン・ノンホルム)
熱伝導率 0.026W/m・K
厚さ T100:100mm、T100H:100mm
EXパネル:50mm
INパネル:30mm
内装材(INパネル) 種類 せっこうボード
厚さ 9.5mm

※1 尺モジュール(横架材間寸法2700・2850)のみの設定です。

※2 相当品とは、熱伝導率と透湿係数の準拠を示す。