ガーデンづくり成功のヒント

庭の目的から考える

庭の目的から考える

庭のデザインを考える時に、まずイメージしていただきたいのは「使う庭」「観る庭」のどちらがメインになるのかということ。
「子供を遊ばせる」「愛犬を放し飼いにしたい」「家族、友人とガーデンパーティを開きたい」という方には、デッキやガーデンルームをメインにした「使う庭」をお勧めします。
「リビングからの眺めを楽しみたい」「庭を観ながらお風呂に入りたい」「落ち着いた和風の庭がいい」という方にはフォーカルポイントになる添景や季節感の ある樹木を考慮した「観る庭」がお勧めです。

動線と視線をベースにデザインする

動線と視線をベースにデザインする

お気に入りのアイテムや植物を無造作に追加していくと、庭全体のバランスが崩れ、収拾がつかなくなることがよくあります。
ガーデンをデザインする時には、まず人がどこを歩くのか、「動線」を考え、それに沿って園路やテラス、ベンチを配置していくと使い勝手のよい庭になります。
次にそのテラスやベンチから、そして室内リビングのソファーや和室から何が見えるのか「視線」を考え、「見せるもの」「隠すもの」を整理していくと、快適な空間をつくることができます。

家族の成長に合わせて、変化していく庭づくりを…。

家族の成長に合わせて、変化していく庭づくりを…。

植木の成長も含めて、5年、10年後の家族のライフスタイルの変化をイメージしながらデザインを考えてみるのも楽しいものです。
小さなお子様がいらっしゃれば、砂場や水場をつくることも多いと思います。
しかし成長と共に砂遊びはしなくなるものです。遊ばなくなった砂場をそのままにしておくと、どんどん汚くなってしまいます。そんな砂場も、花壇、池、バーベキュー炉へとアレンジしていけば、無駄なくいつまでも楽しむことができます。

メンテナンスも検討しておく。

メンテナンスも検討しておく。

忘れていけないのは、庭を維持管理していくために、どれだけ時間と労力をかけられるかということです。
毎日のように庭に関わることができれば、芝生や草花を中心とした庭も可能ですが、ご夫婦とも忙しい方であれば植物の手入れに時間をかけられないと思います。テラスなどを主体としたドライガーデンで、あまり手のかからないようにデザインされた方がよいでしょう。その場合、コンテナなどを上手に活用して、草花を楽しめるよう工夫しましょう。

照明で、夜も楽しめる庭を…。

照明で、夜も楽しめる庭を…。

せっかく綺麗に作った庭も昼間しか楽しめないのでは、もったいないと思いませんか。
照明を上手に使えば、昼間とはまったく違うドラマチックなガーデンが楽しめます。
光源を隠すような間接照明を中心に、見せたい部分だけをライトアップすれば、その他は闇となり、幻想的な庭が現れます。室内の明かりを少し落として庭を眺めれば仕事の疲れも癒されることでしょう。

ガーデンスペース商品選び方のヒント

ガーデンづくり成功のヒント