目指すは“ラクラク”なお庭?主婦3人の「うちのお庭事情」座談会

目指すは“ラクラク”なお庭?
主婦3人の「うちのお庭事情」座談会

#くらしのTips

お庭づくりへのアンケート結果をもとに、もっとリアルな声を聞くため座談会を開催。どんなお庭づくりをすれば“ラクに楽しく”くつろげて、お手入れもラクなのでしょうか?

今回お話いただくのは・・・

Q1お庭はどのように利用されていますか?

やっぱり子どもを遊ばせるのにお庭は最適

石井さん(以下石):うちはリビングの窓に沿ってウッドデッキをつくりました。ブランコを吊るしたり、テーブルを出したりしたいなと。

増田さん(以下増):ブランコいいですよね。うちはテーブルを置いて、ジャスミンやモッコウバラなどを育てています。今、ちょっとした小屋をつくろうかなって夫と計画しています(笑)。

本間さん(以下本):うちは中庭にシンボルツリーとしてオリーブの木を植えていて、夏はパラソルを広げてプール遊びをさせたり。正面の庭は道路に面しているので、危なくない中庭は子どもが小さいうちはとても便利。

石:女の子だとお庭でおままごととかしているイメージです。

本:そうですね、私は家で仕事をすることもあるのですが、仕事中、上の娘は一人でお母さんごっこしたりしています。あと窓に描けるクレヨンを中庭でやるのですが、拭くのが面倒なので外から窓に描かせて流しちゃいます。あとはミニ砂場とかもお庭でやるのにぴったりですね。

増:お庭だと汚れる系の遊びができていいですよね。でも、みなさん意外に洗濯物は干してないんですね。うちも2階のベランダに干してます。

石:1階だと人目につきますしね。

本:うちは洗濯専用の裏庭に干しています。家事導線を考えて、洗い上がったらすぐ干せてしまえる場所を作りました。

石:いいですね! 主婦の夢です。

Q2お庭の手入れの頻度はどれくらいですか?

働くママはお手入れのいらないお庭が欲しい!

石:うちは夫が造園関係の仕事なので、お庭についてはすべて夫にお任せしようと思っていて……。

本:それは頼れますね〜。我が家はお手入れのことも考えて、芝生も憧れたけどあきらめました。ウッドデッキも経年劣化が出そうなのが気になって。中庭は値段と手入れのラクさを考えて土間にしたのですが、土間だけでは冷たい印象になるなと感じています。ウッドデッキは見た目にあたたかみがあっていいですよね。

石:人工木素材のウッドデッキなら経年劣化があまりないと聞きましたよ。

増:そうなんですね。うちはプールをやりすぎて下の鉄骨がさびたのですが(笑)、リビングから見えるウッドデッキの景色は気に入っています。うちのお庭は放っておいてもいいように、半分レンガ敷きにしているんです。裏が山なので虫や雑草もすごいのですが、レンガを敷いたら雑草も生えにくくなってよかったです。あと段差がないことも大事だなと。出る回数が違ってくる気がしていて。

石:気軽に出ていけたらお手入れもしやすいですよね。うちもリビングの扉を折戸でフルオープンにできるようにしたので、ウッドデッキはリビングの延長のように感じます。

Q3自宅のお庭の広さについてどのように感じていますか?
Q4くつろぎスペースとして、お庭を使っていますか?

広さより使い勝手! 屋根があるとうれしい

石:子どもたちは公園に遊びに行くことが多くなってきたのですが、お庭は自由になるスペースをできるだけ広くとったほうがいいなと思っていました。

増:うちは広くないお庭ですが、それでもお手入れが大変だと感じていて。でも春は花がきれいだし、七輪でバーベキューを楽しんだりと実はちょうどよく感じています。小さいときはよく子どもたちがシャボン玉をしてましたね。リビングから見えるので目が届くのが良かったです。

本:バーベキュー、うちはホットプレートでやってます(笑)。中庭にコンセントをつけたらとても便利。プロジェクターで壁に当てて映像を見たり、オリーブの木に電飾をまいてクリスマス飾りにしたり。

石:コンセントは必須なんですね! うちはベランダにテーブルを出して、子どもが植物の観察日記をつけたりしていて楽しそうでした。急な雨でテーブルが濡れないように屋根もあったら便利ですよね。

本:確かに。雨で出かけられなくても、庭に屋根があれば外気分で楽しめますし、雨も子どもは好きですよね。あとは産後で出かけられないとき、上の子を遊ばせるのに庭が心底ありがたかったです。

石:雨で犬の散歩ができないときも庭に出してあげられるだけでストレスが減りそうです。

本:人間もペットもそうですよね(笑)。

これで我が家も“ラクラク”なお庭?
家族のくつろぎの時間、遊びの時間をつくり出すデッキやテラス屋根

家事に仕事に忙しい人にとって、「お庭のお手入れ」は減らしたい作業のひとつです。
また、段差をなくしリビングとひとつづきにして、気軽に出ていける空間にするとお庭が身近になります。
例えば、ウッドデッキを設置すれば、お手入れがラクなお庭になります。さらにテラス屋根をつければ多少の雨もしのげるので便利です。

#くらしのTips

Related Products