サングラス、UVケア化粧品、衣服…屋外での紫外線対策は今や必須。でも、進化した屋根パネルはさらに欲張りです。
UVカットは当たり前、室内に明るい光をもたらしながら暑さは抑えたり、さらに汚れを防ぐ高機能パネルもあります。

ポリカーボネート屋根材で冷房効率アップ

採光性を保ちながら、熱線をカットするポリカーボネート屋根材で冷房効率アップ

割れにくい

ポリカーボネート

熱くなりにくい

熱線吸収
ポリカーボネート

汚れにくい

熱線吸収アクア
ポリカーボネート

ポリカーボネート

標準装備している屋根材は、有害な紫外線をカットし、ガラスの約200倍の強度を持つポリカーボネート。

熱線吸収ポリカーボネート

熱を効果的にカットする熱線吸収タイプ。日射による室内温度の上昇を軽減するから、夏の冷房効率がグンとアップ。冷房費が節約できます。

※同色のポリカーボネートと比較した場合。

熱線吸収アクアポリカーボネート

熱線カット率が高く、日射による室内温度の上昇を軽減。さらに自然の力で美しさを保つ防汚機能が付きました。

屋根材の比較

ポリカーボネート

クリアブルー

クリアブルー

すっきりした印象で、ギラギラした光を抑えます。

クリアマット

クリアマット

窓辺に自然な明るさを。
くもりガラス調で、上部からの目隠し効果も。

クリアブラウン

クリアブラウン

住宅外観とナチュラルに調和するブラウン調。

熱線吸収
ポリカーボネート

クリアマットS

クリアマットSNEW

明るさを保ちつつ、熱線もカット。やや青みがかったパネル。半透明で目隠し効果も。

熱線吸収
アクアポリカーボネート

クリアS

クリアSNEW

明るさを保ちつつ、熱線もカット。やや青みがかったパネル。防汚機能を持った屋根材。

※商品の色は、実物とは多少異なる場合がございますのでご了承ください。
※熱線吸収ポリカーボネート、熱線吸収アクアポリカーボネートは12尺、15尺の設定はありません。

機能比較表

ポリカーボネート 熱線吸収
ポリカーボネート
熱線吸収アクア
ポリカーボネート
カラー クリアブルー クリアマット クリアブラウン クリアマットS※1 クリアS※1
全光線透過率 31% 83% 49% 80% 80%
熱線カット率 37% 20% 34% 36% 36%
UVカット 約100% 約100% 約100% 約100% 約100%
防汚加工

全光線透過率:明るさの目安です。値が大きいほど明るくなります。
熱線カット率:熱さの元となる熱線を遮る目安です。
値が大きいほど温度上昇を軽減します。

※1 熱線吸収ポリカーボネート クリアマットS / 熱線吸収アクアポリカーボネート クリアSは、やや青みがかったパネルです。
※上記数値は参考値です。


熱線遮断FRP(DRタイプ)

オプション
日射により熱くなりにくい熱線遮断タイプ

日射での室内温度上昇を軽減するので、夏の冷房効率がグンとアップ。冷房費が節約でき、省エネにも貢献します。

日射により熱くなりにくい熱線遮断タイプ
有害な紫外線をカットするUV素材だから安心

有害な紫外線をほぼ100%カット。人体にやさしいだけでなく、家具やフローリングの日焼けも防ぐことができます。

有害な紫外線をカットするUV素材だから安心
屋根材の性能
熱線遮断FRP板(DRタイプ)
カラー ミストグレーS
全光線透過率 30%
熱線カット率 70%
UVカット 約100%
防汚加工
カラー
ミストグレーS(すりガラス調)

ミストグレーS
(すりガラス調)

屋根形状にも理由があります

スピーネでは、2つの屋根デザインをご用意しています。
建物との相性といったデザインと、雨の吹き込みなどの実用性のバランスを考慮してお選びください。

F型

F型

見た目がすっきりと仕上がり、特殊な納まりの現場にも幅広く対応できます。シンプルなので、モダンな住宅にも調和します。

R型

R型

F型に比べて、雨・風の吹き込みに対し効果があります。
ゆるやかなカーブで、どんな住宅デザインにもフィットします。