ゆとりが生まれる!キッチンの間取り・レイアウト

リフォームだけではなく、新築であっても、間取りや土地の条件から、思い通りの広さやレイアウトができないということがありますね。ここでは、使いやすさを左右する間取りやレイアウトのバリエーションをご紹介して、思い描いていたキッチン空間のつくり方をお手伝いします。

暮らしのシーンを考える

調理に専念

独立キッチン (K)

調理の様子やニオイ、音などがダイニングに伝わりにくく、調理に専念できます。

調理中も家族といっしょ

ダイニングキッチン (DK)

調理中も家族との会話を楽しみたい方に。配膳作業も合理的に行えます。

キッチンが暮らしの中心

リビングダイニングキッチン (LDK)

コミュニケーションを重視するオープン対面キッチンにおすすめの空間です。

調理のシーンを考える

調理の時間は作業に集中したい。

壁付キッチン

作業に集中しやすく、スペース効率もいいキッチンです。

対面がいいけど、キッチンの様子は見せたくない。

対面キッチン・カウンターキッチン

造作壁と組み合わせた対面式。ダイニングとの間を適度に仕切って、調理ができます。

調理中も家族との一体感を大切にしたい。オープンでも調理の手元は隠したい。

オープン対面キッチン
(ペニンシュラ/アイランド型)

吊戸棚のないオープンスタイル。ダイニングやリビングと一体感のある空間をつくれます。

調理のためのスペースを考える

調理台のスペース

調理台のスペース

調理スペースにはゆとりを持って。

調理スペースの広さは一般的に約60cmから約90cmが目安とされていますが、一度につくる料理の量や普段使用する調理道具によっても必要な広さが変わってきます。

シンクも作業スペースに

十分なスペースを確保できない場合は、シンクにふたをして作業スペースに使えるシンクサポートを採用することでスペースを広げることができます。


通路のスペース

通路のスペース

通路はお盆を持って通れる広さが基準。

対面式のキッチンでは、キッチンの横やキッチンと収納の間の通路スペースにも十分な広さが必要です。
一般に人が通るのに必要な広さは60cm前後とされていますが、キッチンの場合はお盆を持った状態でも余裕のある80cm前後を目安にしましょう。

キッチンに立つ人数もポイントに

引出し収納の場合や2人以上でキッチンに立つ場合は、キッチン側の通路スペースを広めに確保しましょう。


キッチンのワークトライアングル

キッチンのワークトライアングル

作業導線の距離

調理をスムーズにするポイントは、作業中の動線。

ひんぱんに移動する冷蔵庫、シンク、加熱機器の3カ所を頂点とし、それぞれを結んだ三角形を「ワークトライアングル」と呼びます。

それぞれの場所に2〜3歩で移動できるのがベスト!

この3辺の距離が長いとムダな動作が多くなり、短いと収納や作業のスペースが不足します。3辺の合計を360〜600cmの間にするとバランスのよいキッチンになります。

LIXILのキッチンなら、あなたにぴったりの配置が選べる

ワークトライアングルを考えて、調理スペースをカスタマイズ

システムキッチンには、シンクと加熱機器の位置を移動できるものもあります。食材の準備に、下ごしらえや盛り付けなど、調理作業の流れをしっかりイメージして、使いやすい配置を決めましょう。

ワークトライアングルを考えて、調理スペースをカスタマイズ

シンクや加熱機器の位置を移動できるキッチン

リシェルSI

システムキッチン

リシェルPLAT

システムキッチン

アレスタ

システムキッチン

シエラ

システムキッチン

多彩なキッチンスタイルに対応できるのがシステムキッチンの魅力。ご希望のライフスタイルに合わせたレイアウトを探してみましょう。
キッチンでの過ごし方やライフスタイルに合った空間を選びましょう。

キッチンを見せる

作業効率をアップする壁付スタイル

調理作業に専念したい

壁付型キッチン
壁付型キッチン

調理中は壁に向いて作業に専念できる壁付型。ダイニングテーブルへの動線も短く、キッチンワークを効率的にこなせるスタイルです。

開放感あふれる対面スタイル

コミュニケーションを重視

センターキッチン
センターキッチン

広々としたワークトップをセンターに配した、家族が集うキッチン。オープンな空間に、ふれあいが広がるスタイルです。

キッチンを壁に付けて設置するタイプ。シンプルなⅠ型のほか、L型、U型、Ⅱ列型があります。
Ⅰ型 奥行65・60cm

Ⅰ型 奥行65・60cm

L型 奥行65・60cm

L型 奥行65・60cm

U型 奥行65cm

U型 奥行65cm

一方を壁につけたペニンシュラレイアウトや、四方をオープンにしたアイランドレイアウトがあります。
ペニンシュラⅠ型 奥行97・75cm

ペニンシュラⅠ型 奥行97・75cm

ペニンシュラⅠ型 構造壁 奥行97・75cm

ペニンシュラⅠ型 構造壁 奥行97・75cm

ペニンシュラL型 シンク側:奥行97・75cm/コンロ側:奥行65cm

ペニンシュラL型 シンク側:奥行97・75cm/コンロ側:奥行65cm

Ⅱ列型 奥行65・60cm

Ⅱ列型 奥行65・60cm

ペニンシュラⅡ列型 シンク側:奥行97・75cm/コンロ側:奥行65・60cm

ペニンシュラⅡ列型 シンク側:奥行97・75cm/コンロ側:奥行65・60cm

アイランドⅠ型 奥行97・75cm

アイランドⅠ型
奥行97・75cm

アイランドⅡ列型 奥行97・75cm

アイランドⅡ列型
奥行97・75cm

ペニンシュラⅠ型 キッチンテーブル なし

ペニンシュラⅠ型
キッチンテーブル
なし

ペニンシュラⅠ型 キッチンテーブル Lタイプ

ペニンシュラⅠ型
キッチンテーブル
Lタイプ

ペニンシュラⅠ型 キッチンテーブル Iタイプ

ペニンシュラⅠ型
キッチンテーブル
Iタイプ

アイランド型 キッチンテーブル なし

アイランド型
キッチンテーブル
なし

アイランド型 キッチンテーブル Lタイプ

アイランド型
キッチンテーブル
Lタイプ

アイランド型 キッチンテーブル Iタイプ

アイランド型
キッチンテーブル
Iタイプ

キッチンを隠す

落ち着いて作業できる独立スタイル

調理作業に専念したい

造作壁対面キッチン
造作壁対面キッチン

キッチンとダイニングの間を壁で仕切ったセミオープンスタイル。コンロ前は壁としながらも、半分はオープンなので圧迫感がありません。

気になる手元を隠せる対面スタイル

コミュニケーションを重視

パーテーション対面キッチン
パーテーション対面キッチン

キッチンの周囲をパネルやカウンターで目隠し。調理中の散らかりを気にせず作業できるうえ、水ハネ・油ハネなどを防ぎます。

壁付型のキッチンと造作壁を組み合わせた対面キッチン。吊戸棚も設置可能です。
Ⅰ型 奥行65・60cm+壁厚

Ⅰ型 奥行65・60cm+壁厚

Ⅱ列型 シンク&コンロ:奥行65・60cm+壁厚

Ⅱ列型 シンク&コンロ:奥行65・60cm+壁厚

L型 奥行65・60cm+壁厚

L型 奥行65・60cm+壁厚

U型 奥行65cm+壁厚

U型 奥行65cm+壁厚

一方を壁につけたペニンシュラレイアウトや、四方をオープンにしたアイランドレイアウトがあります。
ペニンシュラⅠ型 奥行69.7〜105cm

ペニンシュラⅠ型
奥行69.7〜105cm

ペニンシュラL型 奥行69.7〜105cm

ペニンシュラL型
奥行69.7〜105cm

アイランドⅠ型 奥行69.7〜105cm

アイランドⅠ型
奥行69.7〜105cm

レイアウト対応できるキッチン

リシェルSI

システムキッチン

  • 壁付型キッチン
  • センターキッチン
  • 造作壁対面キッチン
  • パーテーション対面キッチン
リシェルPLAT

システムキッチン

  • 壁付型キッチン
  • センターキッチン
アレスタ

システムキッチン

  • 壁付型キッチン
  • センターキッチン
  • 造作壁対面キッチン
  • パーテーション対面キッチン
シエラ

システムキッチン

  • 壁付型キッチン
  • センターキッチン
  • 造作壁対面キッチン