システムキッチンとは

システムキッチンにはどのような特徴があるのでしょうか。組合せ方や、選べる内容がわかると、自分自身にフィットした使いやすさが見えてきます。

調理のシーンから考える

ワークトップ、キャビネット、機器などのパーツを、ご要望に合わせて1つ1つ組み合わせてつくるキッチンです。

LIXILのキッチンなら

  • ワークトップが一体でお手入れしやすい。
  • さまざまな間口やレイアウトに対応できる。
  • キャビネットの種類が豊富で機能も選べる。
  • コンロやオーブン、食器洗い乾燥機も一体に。
  • 扉の色やデザインが豊富。

・・・などなど

高さ選びは大切です

身体に合わない高さは、疲労の原因にも。自分に合った高さはショールームでの確認がおすすめです。

カウンターが低すぎる

カウンターが高すぎる

カウンターの高さがピッタリ

最適なキッチンの高さは身長÷2+5cmが目安です。

たとえば、身長160cmの方だと、160cm÷2+5cm=85cmになります。

収納はキッチン全体の使いやすさにも通じます

料理で使う道具をしまう収納ですから、取り出しやすさと収納量は、キッチンの使いやすさと密接な関係にあります。「使う場所の近くに取り出しやすく」を基本に、しまいたいものに合わせてキャビネットを選びましょう。

加熱機器用キャビネット(間口90〜60cm)

鍋やフライパンなど火にかけて使う調理器具やオイル、調味料などを収納。

※間口45cmのキャビネット単体では設置できません。調理台用キャビネットが必要となります。

調理台用キャビネット(間口90〜15cm)

調味料類や小物類、乾物などを収納。シンクやコンロ脇にも設置できます。

食器洗い乾燥機用キャビネット(間口90〜45cm)

ビルトインタイプの食器洗い乾燥機を設置するキャビネットです。

シンク用キャビネット(間口105〜75cm)

ボウルなどシンクで使うものや、包丁など下ごしらえで使うものを収納。

事前に、お使いの調理道具のサイズと量をチェックしましょう

キャビネットを決める前に、お使いの道具が実際に入るかどうか、きちんとチェックしておきましょう。

区切って整理すれば、もっと使いやすく

収納サポートパーツ(オプション)などを利用することで、引出し内のスペースが有効に使えて、取り出しやすさが向上します。

シンクと加熱機器の配置を考える

ワークトライアングルを考えて、調理スペースをカスタマイズ

システムキッチンには、シンクと加熱機器の位置を移動できるものもあります。食材の準備に、下ごしらえや盛り付けなど、調理作業の流れをしっかりイメージして、使いやすい配置を決めましょう。

「しまいっ放しにしない!」普段から使える収納を考える

しまうだけの収納と思われがちな吊戸棚も、アイデア次第で日常使いに。豊富なバリエーションの中から、収納したいものや調理スタイルに合わせて、使いやすい組合せを選びましょう。

1.ウォールユニットの間口を確認します。

ウォールユニットの間口は、キッチン全体からレンジフードの間口を引いたサイズです。

2. 間口に合わせて、お好みのキャビネットを組み合せます。

キャビネットの高さや扉のタイプ、欲しい機能などをチェックして組み合わせます。アイレベル機能付きを選ぶ場合は、調理スペース上は調味料などの置き場所に、シンク上は仮置きや水切りのスペースにすると便利です。

■同じ間口でもさまざまな組合せが可能です。

■窓の広さや収納量を考えて、高さを選びましょう。

窓を大きく取りたい時は高さ60・50cmが適しています。収納量を優先したいときは高さ90cmをお選びください。

※躯体条件や使用する窓の規格などにより、設置可能な窓の大きさは異なります。事前にご確認ください。
※キャビネット寸法は外形寸法になります。

LIXILのキッチンなら

組合せは自由自在。使いやすさに徹底してこだわれるのが、うれしいポイントです。LIXILのシステムキッチンは、豊富なバリエーションでニーズやお好みに幅広くお応えします。

キャビネットの組合せ

使用する道具の数やサイズ、使用頻度を考えて、使いやすいキャビネットをお選びください。

お好みでキャビネットの構成を変更

調理台用キャビネットをシンクやコンロの横に設置して、標準の位置から移動することもできます。

壁から壁の間でキッチンを美しく収めます

リフォームや間取りの都合で標準の間口ではピッタリ収まらない場合でも、0.5cm単位で調整して、スッキリ仕上げることができます。

■同じ間口でもさまざまな組合せが可能です。

※ワークトップ形状・種類により対応できないものもあります。

270cmのキッチンを設置すると、10cmの空きスペースができてしまいます。

ワークトップを伸ばして、空きスペースをフィラーできれいに仕上げます。

間口15〜30cmの間で自由にサイズを調整できるボックス型のフィラーもご用意。

※15cm未満はパネル型のフィラーでの対応となります。

高さが選べる

LIXILのシステムキッチンは、お一人お一人に楽な姿勢でお使いいただけるように、様々な高さをご用意しております。

※図はリシェルSIのバリエーションです。
※ステンレスキャビネットとセンターキッチン フロートタイプの場合、82.5cmと87.5cmはお選びいただけません。

アイレベルが使いやすいと、キッチンの使いやすさがグンとアップします

調理の作業中、自然と目に入ってすぐ手が届く場所、そこがアイレベルです。そんなキッチンで一番使いやすいアイレベルを、有効に使いこなせるアイデア機能が揃っています。

1. 出し入れがスムース!

よく使うものが目の前に揃っているから、必要な時すぐ取り出せて、使い終わったらそのまま戻せます。

2. 後から使うものは仮置きスペースに!

カウンターが作業のためだけに使えるから、調理途中にものを出し入れしたり、スペースをつくる手間が省けます。

3. スペースを立体的に使える!

いままで横に動いた作業が、縦の動作でできるから、あちこち歩き回らなくてもスイスイ作業が進みます。

4. スッキリ隠せる!

使った後キャビネットの中に隠せて、普段はスッキリ片づいたキッチンになる、アイレベル機能付きのキャビネットがおすすめです。

多彩なアイレベル機能付ウォールキャビネット

使用する道具の数やサイズ、使用頻度を考えて、使いやすいキャビネットをお選びください。

クイックポケット

よく使う調味料やキッチンペーパー、ラップ類などの収納に便利。

クイックパレット

後から使う食材や調理道具の仮置きに。下段は水切りもできます。

オートダウンウォール

スイッチバーを押すと自動で昇降。収納棚と水切棚が選べます。

ライトスルーウォール

手の届きやすいロングサイズ。オプションで便利な機能が追加できます。

アイレベルをカスタマイズ

カスタマイズ例をご紹介。自在な組合せで、さまざまな調理スタイルに対応します。

作業スピード重視型

ポケットとパレットの組合せ。使いやすさのバランスがいいアイレベルの基本型です。

クイックポケット+クイックパレット

作業スピード+後片付け型

食器を水切りしてそのまま収納できるオートダウンウォール・水切棚タイプを組合せ。

クイックポケット+オートダウンウォール・水切棚タイプ

仮置きスペース重視型

自由に使えるスペースがたくさん欲しいという場合はクイックパレットを2つ並べて。

クイックパレット+クイックパレット

収納スペース+仮置きスペース重視型

調味料をたくさん使われる場合は、オートダウンウォールとの組合せが便利。

オートダウンウォール+クイックパレット

収納スペース重視型

オートダウンウォールを2つ並べて、収納にもアイレベルにもフル活用。

オートダウンウォール+オートダウンウォール・水切棚タイプ

キッチン 選び方のヒント