床暖房システム HOTひといき

床暖房システム HOTひといき

特長

「HOTひといき」の快適性

足元ポカポカ

※一般的に床暖房の快適な温度は床温28〜30℃、室温18〜20℃程度とされています。

足元ポカポカ

床暖房は足から暖かさを感じる「熱伝導」と床表面からの遠赤外線により暖かさを感じる「放射」を組み合わせた理想的な暖房方式。
部屋全体の温度にムラがないので、足下が暖かく、顔のほてりもない頭寒足熱の快適な室内環境を保ちます。

空気がキレイ

ファンヒーターやエアコンと違い、燃焼ガスのニオイもなく、また温風でダニ、ほこりを巻き上げないので、お部屋の空気を汚しません。空気が極端に乾燥することがなく、お肌やのどにもやさしいというメリットもあります。

空気がキレイ

床温がムラなく均一

電熱線式の床暖房と違い、パネル全体が発熱するので、床の温度は均一でムラがありません。

※構造上、小根太部分は発熱しません。

床温がムラなく均一

「HOTひといき」の優れた床暖房システム

「HOTひといき」の優れた床暖房システム
「HOTひといき」の優れた床暖房システム

発熱量を自動でコントロールして省エネ

日差しの当たる場所やモノが置かれている場所では、PTC特性が自動的に発熱量を抑え、電力をムダにつかいません。

※1 PTC:Positive Temperature Coefficientの略。温度が高くなると材料そのものの電気抵抗が増し、その発熱が抑えられる性質のこと。

経済的です

経済的です

ガス温水式床暖房と比べても電気代はほとんど変わりません。

仕様

仕様

「HOTひといき」のシステム構造

※100V電源専用です。

「HOTひといき」のシステム構造

1コントローラー

床暖房パネルへの通電を制御します。
1日2回のON/OFFタイマー付です。

2リレースイッチ

パネルの電流合計がコントローラーの容量を超える場合に使用します。

3床暖房パネル

4レベル調整合板

床暖房パネルを敷設しない個所はレベル調整のために厚さ12mmの耐水合板を敷き込みます。

5捨て張り合板

厚さ12mm以上の耐水合板をご使用ください。

6断熱材

床下には必ず十分な断熱材を施工してください。

7仕上げ用床材

8大引き

9根太

耐久性に優れたパネル

耐久性に優れたパネル

床暖房パネルは厚さ12mmの小根太入り。重い家具などの荷重を小根太部分が受けるので耐久性にも優れています。

1小根太部(釘打ち可能範囲)

※この部分は発熱しません。

2コネクタ メス

3配線収納部

4アルミラミネート

5PTC面状発熱体

6断熱材

7コネクタ オス

  • 釘打ち可能範囲(緑色部分)以外には、絶対に釘・ねじなどを打たないでください。
  • 床暖房パネルは絶対に切断しないでください。感電、漏電、火災の原因になります。
  • 床暖房パネルを傷付けたときは、必ず交換してください。

※HOTひといきは捨て張り工法専用です。コンクリートスラブへの直接施工はできません。


本製品を施工されるお客様へ
  • 本製品(床暖房パネル・コントローラーなど)は電気製品です。誤施工、誤使用しますと、漏電・感電・火災などの恐れがあります。
  • 電源には必ず高速形の漏電遮断器を設置してください。
  • 運転にはAC100Vの電源が必要となります。また、電気工事には電気工事士の資格が必要です。必ず電気工事店様と事前に打ち合わせいただくよう、よろしくお願いいたします。
床暖房システムの種類

床暖房システムには、熱源の種類(電気式、温水式)、床材との関係(分離型、一体型)、発熱体などにより、様々な方式があります。LIXILの床暖房システムは、電気式分離型の中でも、安全性が高く、省エネ性にも優れた、PTC面状発熱体を採用しています。

床暖房システムの種類

    ビジネスユーザーの方へ