コンパクト&パワフル | 屋根一体型発電のイメージを一新する高効率タイプ

特長1:高効率のソーラーパネル

ソーラーパネルイメージ

屋根一体型なので端から端まで太陽光を設置できます。

高い発電量が特長の単結晶セルを採用。

ソーラーパネルEシリーズ公称最大出力290W

特長2:スマートデザイン

スマートデザイン

「ソーラールーフ」だから屋根一面がフラットになり、スッキリ美しい外観デザインに仕上がります。屋根の隅々まで無駄なくソーラーパネルを設置できるので、屋根を最大限に活用できます。

特長3:コストパフォーマンス

コストパフォーマンス

屋根材の上に設置する屋根置き型の場合は、屋根材とソーラー発電システムそれぞれの価格に加え、工事費が二重に必要です。「ソーラールーフ」は、屋根材が不要となるのみならず、施工が一度で済むため、コスト削減にもつながります。

特長4:ロングライフ

ロングライフ

従来は屋根のメンテナンスをする際にソーラーパネルを外す必要がありました。一体型の「ソーラールーフ」は表面材がガラスとアルミなので、劣化が少なく、短期間の塗装や葺き替えの必要がありません。

動画でソーラールーフの特長をCheck

LIXILのソーラールーフの特長を簡単な説明を加えながら映像と共にご紹介いたします。