100年クリーン 水のチカラでずっと輝く AQUA CERAMIC
誕生アクアセラミック【35秒】
アクアセラミック採用 LIXILタンクレストイレ SATIS

アクアセラミックが、
トイレに新世紀を告げる。

陶器の歴史に新世紀の到来を告げる、
トイレのための新素材「アクアセラミック」が
誕生しました。新品のときの白さ、
輝きが100年以上つづく、画期的な発明です。
100年クリーン。
LIXILは、この新世代のセラミックをベースに、
トイレのラインナップをリニューアル。
ずっと変わらないクオリティ、
美しさをお届けしてゆきます。

トイレの汚れが、
ツルンっと落ちる。

なかなか落ちない
便器についた汚物よごれが、
トイレを洗浄するだけで
ツルンっと落ちます。

従来製品との比較

リング状の黒ずみ、
くすみとサヨナラ。

リング状の黒ずみや
便器のくすみの原因となる
水アカがこびりつきません。
トイレのあの悩みに、
うれしいニュースです。

※定期的にお掃除しない場合、汚れが付着する場合があります。

従来製品との比較

新品時のツルツルが、
100年つづく。

「アクアセラミック」は、
トイレ用陶器の画期的な発明です。
かんたんお掃除で、
新品のツルツルが100年つづきます。

※同ー部位の摩擦回数2往復で年間365日お掃除した場合。
 お掃除ブラシで約7万回(100年相当)の往復を想定しています。

ショールーム

新素材「アクアセラミック」を採用したトイレを
お近くのショールームでご覧ください。

LIXIL主力住宅トイレのすべてに「アクアセラミック」を展開。
全国のLIXILショールームでご覧いただけます。

※ご覧頂けないショールームもございます。

アクアセラミック採用 タンクレストイレ SATIS

水のチカラでずっと輝く「アクアセラミック」をはじめ、パワフルに洗い流す「パワーストリーム洗浄」やこだわりの除菌・脱臭機能と、トイレ空間を美しく快適に保ちます。

SATISスペシャルサイト

マテリアルコネクションに認められたアクアセラミックの実力
マテリアルコネクションとは インタビュー動画【1分52秒】
閉じる
閉じる
閉じる 従来陶器とアクアセラミックの比較写真、擬似汚物がアクアセラミックでは水を流すだけで落ちています。
閉じる 従来陶器とアクアセラミックの比較写真、従来陶器で付着している水垢などがアクアセラミックでは付着していません。
閉じる

マテリアルコネクションとは?

【写真】マテリアルコネクション

マテリアルコネクションは、さまざまなマテリアルや加工技術を、製品、デザイン、開発および製造のイノベーションに結びつけるためのサービスと提案を行う、世界に拠点をもつコンサルティング企業です。世界各地から集めた注目素材7,500種以上(2016年1月現在)をデータベース化し、それらを手に取って確認できるライブラリーを設置。コンサルティング部門では、マテリアルの専門家たちの目を通して、製品開発の戦略立案から製造サポートまで幅広い提案を行っています。本社はニューヨーク。会員数は現在、企業、研究者、デザイナーなど約36,000名。データベースの利用者数は約100万人に及びます。東京拠点は、2013年に開設。アイデアを現実に変える素材の提案で、日本企業の製品開発をバックアップしています。

URL:http://jp.materialconnexion.com/

アクアセラミックへの評価

「消費者に優しく、環境にもよい素材です」

ミケーレ・カニアート氏

【写真】ミケーレ・カニアート氏

アメリカではどんどん汚して新しいものを買ってもらえるよう考える。しかしLIXILは違う。消費者に優しい素材だと感じました。環境や水資源に関してはこれから大きな問題です。これなら少ない水できれいなトイレが維持できます。社内で開発したということも素晴らしい。水も洗剤も少なくてすむので、ホテルなどに採用すれば大きなコスト減になるでしょう。私の自宅も5つのバスルームがあるので、これが発売されたらぜひ買いたいですね。またトイレだけでなく、さまざまな用途が考えられます。聞いているだけでアイデアが湧いてきます。まさに新しいテクノロジーです。

Michele Caniato

Material ConneXion 社長。イタリア・ミラノ出身。ミラノ大学で建築・デザインの学位取得。1997年にMaterial ConneXionを共同設立し、2008年より現職。CULTURE+COMMERCE 社長でもある。

サニタリープロダクトにおける革命的テクノロジーです

アンドリュー・デント氏

【写真】アンドリュー・デント氏

これまで、汚れを付着させないためには親水性よりも撥水性が重視されてきました。そのほうがザッと流せると考えられた。汚れが浮かび上がってくるのを観るだけで、この素材のよさは伝わってきます。非常に革新的な素材であり、私自身わくわくしました。抗菌性、硬度にも優れ、短期では油性を含む汚れ、長期で見れば水アカ汚れという両方がこのアクアセラミックの技術で解決できます。

私自身の印象として、日本の素材はテクノロジーと伝統、クラフトマンシップの融合が大変にうまいと思っています。美しいだけでなく、そこにハイテクが隠されている。また、人々が困っていることを解決しようとするのが日本のテクノロジーのよさです。アクアセラミックを使ったトイレは、見た目ではわからない素晴らしい機能が隠されている。100年後も買った時のままきれいであること。私はふだん革命的という言葉はなるべく使わないようにしていますが、これはまさにサニタリープロダクトの革命と言えるでしょう。

Andrew H. Dent Ph.D.

Material ConneXion 副社長兼ライブラリーおよびマテリアルリサーチ部門責任者。イギリス出身。ケンブリッジ大学でマテリアルサイエンスの博士号を取得。ノッティンガム大学大学院で高速フレーム溶射による耐摩耗性および耐食性コーティングの研究開発に携わったのち、ニューヨーク州立大学大学院の博士研究員を経て、2001 年 Material ConneXion に入社。著書に『マテリアルコネクション 建築家・アーティスト・デザイナーのための革新的素材のグローバルリソース』『ウルトラマテリアル 素材イノベーションが世界を変える』(共にテムズ&ハドソン社)、『ファッショニングフェルト』(スミソニアン協会)。TEDx での講演は YouTube で閲覧可能。https://m.youtube.com/watch?v=VvpvSWsdHws

スマホを横向きにしてお楽しみ下さい