窓リフォーム商品の特長

[断熱効果]をプラス

PlusEco

断熱効果

家の中で熱の出入りがもっとも大きいのが「窓」。
つまり窓の断熱性能がアップすれば、住まい全体の断熱性能はグンとアップするのです。
暖冷房費も大幅にダウンして家計にも環境にもやさしい。
そんな快適な住まいをインプラスがお届けします。

省エネ効果が大幅にアップ

算出条件

シミュレーション地区: 東京
●AE-Sim/Heatにより算出 ●2階建て/延べ床面積:120.07m2、開口率:〈4地域以南〉26.8%  ●4人家族 ●エアコン暖房:20℃、冷房:27℃・60% ●暖冷房運転:間欠 運転  ●拡張アメダス気象データ2000年版を使用 ●住宅断熱仕様:昭和55年省エネルギー基準適合レベル  ●居室の窓(9窓)にインプラスを設置 ●居室の窓(9窓)にレースカーテンを併用  ●電気料金:27円/kWh、CO2排出係数:0.43kg-CO2/kWh ●スギの木のCO2吸収量:14kg-CO2/本

お知らせ

お住まいの地域のシミュレーションやくわしい算出条件は省エネ・節水シミュレーターをご覧ください。

樹脂製サッシと空気層で暖冷房効率アップ!

冬季における窓の室内側表面温度の比較

インプラスは樹脂製。樹脂はアルミに比べて熱伝導率が1/1000程度と、断熱効果に優れた素材です。さらに今ある窓との間に生まれる空気層が室内の熱を外に伝えにくくし、断熱効果を発揮します。外気温の影響を受けにくい快適な室内環境を実現します。

断熱性の比較

CO2を大幅に削減。地球環境にやさしい住まいに。

インプラスを取付けることで断熱性がアップした住まいは、暖冷房が効きやすくとっても経済的。エネルギー消費も少なくて済み、年間のCO2削減量はスギの木18本分を植えたのと同じ計算に。地球にやさしいエコな住まいへ生まれ変わります。

杉の木18本分のCO2を削減

全居室の窓をインプラスで
省エネ・リフォームすると減税が適用となります。

省エネ減税

インプラス、インプラスウッドは、LIXILの環境配慮設計の視点に基づき開発されました。

インプラス、インプラスウッドは、LIXILの環境配慮設計の視点に基づき開発されました。

※ただし、現在の窓が次世代省エネルギー基準(平成11年基準)ではなく、
リフォームすることで次世代省エネルギー基準(平成11年基準)になることが条件です。

例えば、寒冷地にお住まいの方ではこんなにおトクです。

インプラスの冬の断熱効果、灯油に換算すると

算出条件

シミュレーション地区: 盛岡
●AE-Sim/Heatにより算出 ●2階建て/延べ床面積:120.07m2、開口率:〈3地域〉21.0% ●4人家族 ●定格燃焼効率(石油FF暖房機):86% ●暖房:20℃ ●暖冷房運転:間欠運転 ●拡張アメダス気象データ2000年版を使用 ●住宅断熱仕様:昭和55年省エネルギー基準適合レベル ●居室の窓(9窓)にインプラスを設置 ●居室の窓(9窓)にレースカーテンを併用

※建物の構造、お住まいの諸条件により得られる効果に違いがあります。
※夏場の冷房は、外付けスクリーン・オーニング・すだれ等を使って、窓の外側で日射を遮るとより効果的です。

対応窓リフォーム商品

[結露軽減]をプラス

PlusEco

結露軽減

外気によって冷やされるガラスやサッシ。
これに室内の空気が触れると空気中の水分が水滴となって結露が発生します。
結露は住まいを傷めるだけでなく、カビやダニ発生の原因にも。
そんな問題もインプラスが解決。
効率よく掃除もできて、快適空間に変わります。

結露を抑えて、すっきり快適に

不快な結露の発生を大幅に抑えます。

既存の窓と、内窓として取付けたインプラス、さらにその間に生まれる新しい空気層が室外と室内をしっかり隔てる構造に。大きな断熱効果で外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑えます。
※室内の状態によっては、インプラスを取付けても外部サッシに結露が発生する場合があります。

空気層で結露の発生を抑制

結露を抑えて、カビ・ダニの発生を予防。

窓の結露発生プロセス

住まいのカビ・ダニは、皮膚疾患や喘息など家族の健康に重大な被害をもたらす恐れがあります。原因は、結露などの室内の湿気。インプラスを取付けることで結露を抑えることができれば、カビ・ダニ発生の予防にもつながります。

お知らせ

結露については「住まいと結露の豆知識」でくわしくご案内しています。WEBカタログ(カタログコード:TX0900)をご覧ください。

コップで実験

結露を防ぐインプラス。
その効果を体感してみましょう。

氷水入りコップで比較実験

窓を2重にすることで、どれだけの効果があるの? コップをサッシにみたてて、試してみましょう。

※実験の結果は効果を模擬的に表したものです。 インプラスの性能ではありません。

対応窓リフォーム商品

インプラス

インプラス

  • 窓リフォーム

[遮熱効果]をプラス

PlusEco

遮熱効果

遮熱高断熱複層ガラスを使うと、室外側ガラスにコーティングした特殊金属膜により、
夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めます。
室内の明るさはそのままに、窓から入る熱をカットし、
紫外線も大幅に遮断。健康を守るのはもちろん、家具やインテリアの色あせも防ぎます。

遮熱タイプなら強い日差しや紫外線を大幅カット

遮熱の重要性。

夏季における窓の室内側表面温度の比較

(LIXIL社内試験:試験ボックスを室内と想定し、サッシ屋外側表面温度が70℃になるように人工的熱線照射100分間加えた試験結果。)
夏の冷房時に家全体に入ってくる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものが70%以上。つまり、夏を涼しく快適にするためには、開口部の「遮熱」と「断熱」がとても重要です。

遮熱のイメージ図

日射熱の侵入を防ぎます。

太陽の直射熱(日射熱)の多くは、窓面を突き抜けて、室内に侵入します。日射熱が部屋に侵入するのを防ぐことを「遮熱」、または「日射遮蔽」といいます。遮熱性能が高い(日射熱取得率が低い)ほど、この日射熱の侵入を少なくできます。

※単版ガラスに対しての割合

一般ガラスと遮熱高断熱複層ガラスの比較図

対応窓リフォーム商品

[防音効果]をプラス

PlusEco

防音効果

熱と同じように、多くの音が窓から入り、窓から出ています。
住まいを取り巻く音、あるいは住まいから生まれるさまざまな音を遮断できれば、
暮らしはもっと快適になるはず。
音の気にならない静かで心地よい暮らしを、インプラスで実現しませんか。

遮音性アップで静かな住環境づくり

気になる音を入れない、出さない。

外窓とインプラス、その間の空気層が障壁となり、高い防音効果を発揮します。

音は10dB下がると約半分に感じられると言われます

※以下の場合はT-3(35)等級となります。[引違い窓] 外窓 アトモスIICT:A-3(8)等級、中間空気層80〜95mm、外窓単板ガラス3mm、内窓単版ガラス5mm

外窓+インプラスの遮音性能-40dB

より防音効果を高めるために。

気密性を高めることで音の出入りをカット。

空気が出入りするすき間を少なくすることは、音の出入りを減らすことにつながります。窓を二重にして気密性を高めることで、防音効果を高めることができます。

中間空気層を大きくして防音効果をアップ。

外窓とインプラスの間隔(中間空気層)が大きくなるほど防音効果は向上します。この間隔が狭い場合は、ふかし枠(オプション)を取付ける方法があります。

防音効果を高めるにはガラス選びもポイントに。

内窓とインプラスのガラスの厚さを変えることで、さらに防音効果が期待できます。

室外と室内の空気層を広げる
音の体感実験。
身近な音の大きさはどれくらい?

音は10dB下がると、約半分に感じられるといわれます。
携帯電話を使って、実際に体感してみましょう。

※実験の結果は効果を模擬的に表したものです。インプラスの性能ではありません。

携帯電話の着信音で実験 音量5と音量2では約10dB違います。約半分の音に聞こえるか比べてみましょう

対応窓リフォーム商品

インプラス

インプラス

  • 窓リフォーム

[あっという間に]をプラス

PlusEco

スピード施工

今ある窓の内側に窓枠を取付けるだけだから、1窓あたり約1時間で工事は完了。
外壁や柱に手を加えるような大掛かりな工事も必要ないため、
戸建てだけでなく、マンションにもおすすめ。
工事が短期間で済むので、費用も抑えることができてお手軽です。

かんたんリフォームで快適空間に早変わり。

工事当日の流れ(例)

1今ある窓はそのまま。大掛かりな工事は不用です。2お施主様の手をわずらわせることもありません。3短時間であっという間に施工終了。
マンションにもおすすめです

スピード施工であっという間に快適空間。

工事にかかる時間は、1窓あたり約1時間。お施主様の手をわずらわせることなく、お手軽にリフォームすることができます。

対応窓リフォーム商品

インプラス

インプラス

  • 窓リフォーム

窓まわり関連情報

住宅デザインシミュレーション

住宅デザインシミュレーション

窓まわり空間を好みのスタイルでコーディネートすることができます。

窓まわり商品の特長

リフォームでお悩みを解決
Webカタログ
LIXILショールーム
施工店を探す
よくあるご質問