• リクシルPATTOリフォーム

インプラスウッド/インプラス:[ 防音効果 ]をプラス

TOSTEM

[ 防音効果 ]をプラス

防音効果 熱と同じように、多くの音が窓から入り、窓から出ています。住まいを取り巻く音、あるいは住まいから生まれるさまざまな音を遮断できれば、暮らしはもっと快適になるはず。音の気にならない静かで心地良い暮らしを、インプラスで実現しませんか。

遮音性アップで、静かな住環境づくり。

気になる音を入れない、出さない。

外窓とインプラス、その間の空気層が障壁となり、
高い防音効果を発揮します。

POINT1

気密性を高めることで 音の出入りをカット。
空気が出入りするすき間を少なくすることは、音の出入りを減らすことにつながります。窓を二重にして気密性を高めることで、防音効果を高めることができます。

POINT2

中間空気層を大きくして 防音効果をアップ。
外窓とインプラスの間隔(中間空気層)が大きくなるほど防音効果は向上します。この間隔が狭い場合は、ふかし枠(オプション)を取付ける方法があります。

POINT3

防音効果を高めるには ガラス選びもポイントに。
外窓とインプラスのガラスの厚さを変えることで、さらに防音効果が期待できます。

COLUMN

音の体感実験。身近な音の大きさはどれくらい?

音は10dB下がると、約半分に感じられるといわれます。 携帯電話を使って、実際に体感してみましょう。

※実験の結果は効果を模擬的に表したものです。インプラスの性能ではありません。

(注1)このHPのサッシ・ドアセットに示されている遮音性能は、JISで定められた方法により実験室で測定した測定値です。
実際の建築物の現場で測定したとき、実験とは音場*が異なるので、それぞれの測定値に差異が生じます。(*音場:音波が伝わっている空間の状況を示す。)