秋を感じる風水インテリアで、金運をつかむ!

実りの秋は、金運に大きく影響する季節。より多くの運を呼び込むポイントは「収納」です。
風水師の李家幽竹(りのいえゆうちく)先生に伺いました。

より多くの運を呼び込むためのポイントは「収納」

10月から11月にかけては「金の気」を持つシーズン。1年の実りが生まれる季節なので、金運に大きくかかわってくるのだそうです。 より多くの実りを生み出すためのポイントは「収納」。風水では、収納スペースを「吸収した運をためておく場所」と考えます。ですから、収納がいらないものでいっぱいになっていると運気が入るスペースも少なくなってしまうというわけです。
洗面台まわりがゴチャゴチャしていたり、引き出しにものがたくさん入っているといったことはありませんか?せっかくの運気を逃さないよう、早めに収納をスッキリさせて。タオルなどをパンパンに詰め込みすぎると、自分のキャパシティを減らしてしまうことになるので余裕をもたせた収納を。

メイク道具など洗面台まわりの雑貨は、木製やアルミ製の箱にしまいましょう。せっかく整理整頓しても、革製やプラスチック製のものはビューティ運を下げることになるのでご注意を。また湿気は運気を下げるため、風通しをよくし、美しく収納することが大切です。

より多くの運を呼び込むためのポイントは「収納」

「金の気」と相性のよいアイテムを揃えて

収納がスッキリしたら、「金の気」と相性のいいインテリアでさらに運気を高めましょう。
「金の気」に関係する色は、クリーム色や黄色、ピンクなど。果実や水玉などをモチーフにしたアイテムも、運気をアップしてくれます。浴室・洗面室にこうしたラッキーカラーやラッキーモチーフのあるタオルやバスマットを揃えてみてはいかがでしょう。浴室・洗面室が明るく、楽しくなりそうです。

また、白い陶器や、備前焼などの格を感じさせる焼き物も相性がよいので、浴室・洗面台まわりに置くとよいでしょう。ソープディッシュや歯磨き用のコップにこうした陶器を使ったり、焼き物の花瓶に花を活けて洗面室に飾ったりしてもよいですね。
さらにこの時期、より多くの運を呼び込むために大切なのは、バタバタせずゆったり構えて「実り」を待つことなのだそうです。アロマのお風呂で音楽を聴くなどしてバスタイムを楽しんだり、入浴後のひとときは部屋でくつろぎながらお茶を飲むなど、生活のなかにゆったりした時間をとりいれるとよいですね。

李家幽竹
李家幽竹(りのいえ ゆうちく)

韓国・李朝の流を汲む風水師として、衣・食・住などふだんの生活全般にかかわるさまざまなアドバイスを行う。テレビ・ラジオ・雑誌など多方面で活躍。『運のいい人になるための、お悩み解決風水』(中央公論新社)、『李家幽竹の開運風水2009』(世界文化社)ほか著書多数。