Q14 よい「見積書」と悪い「見積書」があるの?

A 工事の明細がわかるのがよい見積り
全部でいくら、というだけでは工事の中身がわかりません。工事の内容や設備・建材が何を使うと特定されて、それらの単価と量が記載された「明細」が付いているのがよい見積書です。