Q21 諸費用にはどんなものがありますか?

A 増築の登記費用やローン関連費用など
リフォームの工事契約を行うとき印紙税として、請負代金が500万円を超えると1万円かかります。そのほか増築やローンを利用するとき、中古住宅を購入するときにはさまざまな諸費用がかかります。それを表にまとめました。自分のやることに応じて、事前に計算して費用を用意しましょう。

こんなとき、こんな諸費用がかかる

<増築> 費用(もしくは費用の確認先)
契約時の印紙税 契約金額300万円超500万円以下は2000円、500万円超1000万円以下は1万円
建築確認申請 役所の担当課
登記費用 土地家屋調査士事務所
固定資産税・都市計画税 管轄の税務署
不動産取得税 増築した部分の評価額×4月〜4%
(増築後の床面積が50m²以上240m²以下は固定資産税評価額から1200万円控除)
<ローン利用>
契約時の印紙税 融資額が100万円超500万円以下は2000円、500万円超1000万円以下は1万円
融資手数料 金融機関
抵当権設定登記費用(有担保の場合) 登録免許税(融資額×0.4%)と司法書士報酬
保証料(有担保の場合) 金融機関
火災保険料(有担保の場合) 金融機関
<中古住宅購入>
契約時の印紙税 売買代金が1000万円超5000万円以下は15,000円
所有権移転登記費用 登録免許税(土地は固定資産税評価額の1.3%、建物は一定条件を満たすと3%※)と司法書士報酬
仲介手数料 取引価格400万円超の場合の上限=(物件価格×3%+6万円)+消費税
不動産取得税 固定資産税評価額の3%。一定の条件※を満たすと建築年に応じて一定額を控除
固定資産税・都市計画税 管轄の税務署
   
  ※床面積50m²以上、築後25年(木造20年)以内もしくは耐震基準を満たす場合、

平成23年12月14日現在法令
※この情報は、法改正により変更となる可能性があります。予めご了承下さい。