Q3 将来のことまで考えておく必要がある?

家族構成の変化や高齢化が考慮すべきポイント

A 家族構成の変化や高齢化が考慮すべきポイント
リフォームするときには現在の暮らしだけでなく、将来の家族構成がどう変化するか、年を取るとともにライフスタイルがどう変わるかをきちんと考えておきましょう。家族が独立して部屋が余ることがわかっているなら、固定した壁で間仕切りをするより、後で移動や撤去が簡単にできるように建具や収納で仕切るのもよい方法。また、階段や廊下には手すりをつけたり、床の段差も解消しておくと、高齢になっても安心して暮らせます。