浴室 使いやすさ・プランニング

足元がぬれてすべりやすい空間だから安心して使える配慮を

浴室まで行く
服を脱ぐ
浴室に入る・蛇口に近づく
風呂椅子に座る
身体を洗う
浴槽をまたぐ
お湯につかる
浴槽でくつろぐ
浴槽・浴室から出る
身体を拭く
  • 次へ
  • 前へ

使いやすさのポイント

浴室まで行く

家族みんながラク

寝室からトイレを経由して浴室まで直行できる動線に

キッチンからも、 寝室からも行きやすく

介護者と一緒なら

段差ゼロにしておけば水まわり用の車椅子での移動もラクラク

服を脱ぐ

家族みんながラク

収納を手近な場所に確保

冬寒いとおっくうになりがち。暖かくしてヒートショック対策も

転ばぬ先の杖

服の脱ぎ着は、片足立ちになる、 意外とバランスを崩しやすい動作。手すりがあると安心

浴室に入る・蛇口に近づく

広い開口、小さな段差の引き戸で出入りスムーズ。足元が濡れてすべりやすいので素材選びが大切

転ばぬ先の杖

ドアの開け閉めで身体があおられたり、 足元がすべりやすかったり。手すりがあると安心です

介護者と一緒なら

開口が広いと、介助者と一緒でも 出入りがラクに

風呂椅子に座る

家族みんながラク

高めの風呂椅子(35cm程度)だと立ち座りしやすく

低いと立ち座りが大変!
転ばぬ先の杖

横手すりだと洗い場移動用と兼用できます

縦手すりはスライドバーと兼用できるタイプも

身体を洗う

家族みんながラク

広めの洗い場で動きやすく

広いと子どもも洗ってあげやすく

高めの風呂椅子で姿勢をラクに

風呂椅子に合わせて蛇口も高く

使いやすい器具でラクラク操作

目をつぶっていても押すだけ簡単操作

転ばぬ先の杖

奥行きが広いと後ろから介助できます

洗面器床置きだと足腰を曲げた苦しい姿勢に

手元で出し止めできるスイッチ付もあります

介護者と一緒なら

幅が広いと横から介助できます

高めのレイアウトは介助者も届きやすくてラク

スイッチ付は介助でも便利

浴槽をまたぐ

家族みんながラク

ほどよい高さで安心

高すぎてもダメ
低すぎてもダメ

一瞬片足立ちになるので実はバランスを崩しやすい動作です

転ばぬ先の杖

手すりがあると安心

横手すりだとより安定

一旦座ると更に安心

介護者と一緒なら

浴槽をまたぐのが大変なときはシャワーで温まる方法も

座ったまま移動できるリフトもあります

【市販品参考商品】リフト

お湯につかる

家族みんながラク

身体を支えてくれるグリップや浴槽の縁

転ばぬ先の杖

低い手すりがあると力が入りやすい

介護者と一緒なら

浴槽の背後に介助スペース

浴槽でくつろぐ

家族みんながラク

足の届く大きさでもぐりこみ防止


深すぎるのは身体に負担が

ゆったりくつろげるのは、安心して入っていられるからこそ

転ばぬ先の杖

もぐりこみ防止に加え、立ち座りもラクになります

【市販品参考商品】すべり止めマット

浴槽・浴室から出る・身体を拭く

家族みんながラク

照明にも注意

鏡まわりを明るく
窓に人影が映ってしまう

お掃除・後始末を簡単に

タオルを手に取りやすい位置に

転ばぬ先の杖

いざという時のために

残念ながら、浴室内での溺死事故の死者数は現在、交通事故を上回っています。ご家族の様子を確認しやすいように、キッチンなどから行きやすい動線にしておくと安心です。

水じまいから内開きにする必要がある浴室ドア。引き戸なら、中で倒れた場合も開かなくなる心配がありません。

※外から外せるタイプもあります。

家族みんながラク 転ばぬ先の杖 介護者と一緒なら おすすめ商品

プランニングのポイント

スムーズな動線

浴室に出入りしやすい

直進がおすすめ

間口が広いと、介助者と一緒でも出入りがラクに
引き戸だと、手すりがドア近くまで長く伸びていて安心

直進がおすすめ
回り込む場合は、間口を広く
開き戸・折れ戸だと手すり が短くなってしまう!
狭いと曲がりきれない!

ゆとりあるスペース

身体を洗いやすい

洗い場の幅が80cm以上あれば、水まわり用車椅子やシャワーチェアが使えます。洗い場の奥行きが1.6m以上あれば、後ろから介助できます。

洗い場の幅が1m以上あれば、横から回り込んでの介助がラクになります。

ドアが開閉できない!介助者と一緒に入れない!
開き戸よりも折り戸、折り戸よりも引き戸の方が、開閉の際ドアを避けるスペースが小さくて済みます。

浴槽に出入りしやすい

移乗台にいったん腰掛けると、転倒が防げて安心

移乗台を外せば回り込んで介助をするスペースが

水じまいから移乗台を低くしてしまうと、段差が当たる!
動作しやすいよう同じ高さか、おしり側を少し高めにしましょう。

LIXILユニバーサルデザイン 住まいのUDガイドブック

一冊は、手元に置いておきたい「住まいのためのガイドブック」
住まいのユニバーサルデザインの基本をご紹介するガイドブックです。おすすめ商品の詳細もご覧いただけます。