もしかしたら車椅子期

長い距離を歩くのが大変になってきたご主人が車椅子を使うように。住み慣れた自宅で暮らし続けられて いる一番のポイントは、車椅子で行き来しやすい動線とゆとりのあるスペースにあるようです。

動作イメージから、気になる家のプランニングを見ていきましょう。

空間ごとに考える、暮らしやすい住まい

ライフステージ 住まいの共通点

ご家族の年齢、人数、ご要望など一見まったく違っているようですが・・・

子育てをサポートしてくれる家、孫が遊びに来てものびのびできる家は、実は年齢を重ねて体調が悪くなったときに支えてくれる家でもあります。いま暮らしやすい家は、20年先も暮らしやすい家です。

  • 大いそがしの子育て期
  • 意外と長い大人期
  • もしかしたら車椅子期
玄関
通り道がスムーズ!
  • 大いそがしの子育て期 ベビーカーでお出かけ
  • 意外と長い大人期 買い物カートでお買い物
  • もしかしたら車椅子期 車椅子でお出かけ
浴室
スペースにゆとりがある
  • 大いそがしの子育て期 子どもをお風呂に入れる
  • 意外と長い大人期 孫とお風呂に入る
  • もしかしたら車椅子期 介助者と2人で入る

LIXILユニバーサルデザイン 住まいのUDガイドブック

一冊は、手元に置いておきたい「住まいのためのガイドブック」
住まいのユニバーサルデザインの基本をご紹介するガイドブックです。おすすめ商品の詳細もご覧いただけます。