「NO GOLF NO LIFE」第1話 レッスン編「ラウンド直前、これは使える」アドバイス

SHARE

in
LIXIL×SPORTS

服部 真夕 | 鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズC.R.O 中田浩二 × プロゴルファー 服部真夕

NO GOLF NO LIFE 一覧

LIXILが応援するプロゴルファーの服部真夕選手(LIXIL所属)と、鹿島アントラーズC.R.O(クラブ・リレーションズ・オフィサー)の中田浩二さんが、ゴルフという共通のスポーツを通じてつながる夢のコラボレーション企画「NO GOLF NO LIFE」が実現しました。「なかなかスコアが伸びない」という中田さんのスイングをじっと見つめる服部プロ。ラウンド対決を前に簡単なアドバイスを伝えると、見違えるように球が飛ぶようになりました。ゴルファー必見の「レッスン編」です。

レッスン編

中田さんのスイングをしばらくチェックしたあと、服部選手は2つのポイントをアドバイスしました。

チェックポイント1「目標に向かってスクエアに構える」

アドバイス
アドレスのとき肩が少し開き気味になっているので、バックスイングからダウンスイングにかけてカット気味の軌道になってしまっています。そのためスライスがきつくなっているので、目標に向かってスクエアに構えることが大切です。

チェックポイント2「バックスイングのとき、右ひざを軽く曲げる」

アドバイス
スイングの際、両ヒザを軽く曲げた状態で構えますが、バックスイングのときに右ヒザが伸びてしまっています。その反動でインパクト時に左半身が伸び上がりやすい。このような動きもまたスライスの要因になってしまいます。軽く曲げた右ヒザの状態をそのまま保ってバックスイング。切り返してダウンスイングして、ボールをとらえましょう。

今日から役立つワンポイントレッスン

アマチュアの悩みのタネといえば、やはりスライスです。中田さんも例外ではないのですが、ふだんの練習はもちろん、ラウンド直前にすぐにでも役立つワンポイントチェックを服部選手がアドバイスしてくれました。

「大事なのはアドレスです。ターゲットに対してまっすぐに立っていると思っても意外に右を向いているアマチュアの方が多いですね。せっかくいいボールを打っても右に飛んでいって、“あれ、曲がったのかな”と錯覚しやすい。まっすぐに立つという感覚を養うために、後ろからしっかり方向を見定めて、足元にクラブを置いて練習するといいでしょう。実は、プロもよくやっています。それだけアドレスの向きは大切ということです」

足元に置いたクラブの延長線上にターゲットがあるか確認してみると、思った以上に右を向いていたというアマチュアの方は少なくないはずです。中田さんも若干右を向いていたことが判明しました。ターゲットに対して“右に飛んでいくな”と感じている方はぜひアドレスチェックしてみてください!

レッスンを終えて

「スイングの考え方は基本的にアイアンもドライバーも変わりません」と服部選手。「スライスになりやすい」という中田さんでしたが、2つのアドバイスを意識してスイングすると、それまでとは「手応えが違う!」とうれしそうな表情に。すぐにアドバイスしたことを実践できるセンスのよさに、服部選手も「音が変りましたね!」と満足そうでした。

「ドライバーとアイアンは基本的に同じ点に注意すればいいのですが、ドライバーを打つときに気をつけたいのが体重移動です。手打ちになったり、右足に体重が残ってしまうと、ボールに力が伝わりません。体重移動を意識しながらスイングするといいですね」

さて、これらのアドバイスを受けて、ラウンド対決へと向かった服部選手と中田さん。どんな結果が待っているのか!?次回、ラウンド編をお楽しみに!

会場・協力:ザ・ロイヤル ゴルフクラブ
ウエア協力:MIZUNO(服部選手)、ナイキ(中田氏)

NO GOLF NO LIFE 一覧

LIXIL×SPORTSコラボレーション企画始動、第一弾はGOLF!

第1話 レッスン編 「ラウンド直前、これは使える」アドバイス

第2話 ラウンド編 上達の近道はやはり実践!いざラウンド

第3話 対談編 私のプロアスリート人生

プロフィール

服部 真夕(はっとり まゆ / 1988年3月3日生まれ)
愛知県名古屋市出身。
LIXIL所属。
ゴルフを始めたのは10歳のとき。
2007年にプロテストをトップ合格、デビュー年にシード権を獲得し、2017年でシード選手として10年目を迎える。
2008年には初優勝、現在まで通算5勝。
最大の魅力は、恵まれた体格から繰り出される平均250ヤードのドライバーショット。

中田 浩二(なかた こうじ / 1979年7月9日生まれ)
滋賀県大津市出身。
元サッカー日本代表。鹿島アントラーズ、マルセイユ(フランス)、バーゼル(スイス)でプレーし、日本代表としても2002年、2006年ワールドカップ出場。
2014年シーズン限りで現役を引退し、現在は鹿島アントラーズのC.R.O(クラブ・リレーションズ・オフィサー)。
ゴルフは2013年から始め、ベストスコア88。グリーン周りのアプローチが得意。

SHARE

in
PageTop