インテリア建材のお手入れ・お掃除方法

商品は樹脂、木などによって構成されています。いつまでも美しく商品をお使いいただくために、それぞれの性質に応じた方法で、定期的なお手入れが必要です。

建具や階段手すりの表面など(木目・ガラス・アクリル系パネルなど)

お手入れ方法

日常のお手入れは、乾いた柔らかい布又は化学ぞうきんでからぶきしてください。
ひどい汚れ又は落ちにくい汚れは、中性洗剤を薄めてかたく絞った柔らかい布でふき取ってください。

  • 溝加工デザインの溝部は、表面を損傷させたりするおそれがありますので、水ぶきはしないでください。
  • ゴミがたまらないよう、レールの溝はこまめにお掃除をしてください。扉レールの溝にゴミがたまりますと、扉の滑らかな走行のさまたげとなり、故障の原因となります。掃除機などでこまめに掃除してください。

お手入れのご注意

  • 汚れがひどい場合でも、酸性・アルカリ性の洗剤、溶剤(シンナー・ベンジン)などは絶対に使用しないでください。

把手・引手・ツマミ・室内物干しなど

お手入れ方法

  • 日常のお手入れは、乾いた柔らかい布又は化学ぞうきんでからぶきしてください。
  • ひどい汚れ又は落ちにくい汚れは、中性洗剤を薄めてかたく絞った柔らかい布でふき取ってください。
  • シリンダー錠、デッドロック錠のキーの抜き差しや回転操作が悪くなった場合は、鉛筆(柔かい芯)の粉や黒鉛紛またはシリンダー錠専用潤滑剤を使用してください。鉛筆を使用する場合は、キーの切込み面を鉛筆でなぞったあと、キーで抜き差しを数回行ってください。

お手入れのご注意

  • 鍵穴には絶対に油(潤滑油)を注さないでください。注入直後は動きが良くても、ホコリを吸着し、かえって動きを悪くします。

床下収納

床下収納は収納本体とフタで構成しています。素材別にお手入れ方法をご案内致します。

※定期的(年1回程度)に、ねじ・ボルト類のゆるみを点検し締直してください。締直してもガタつく場合は腐食のおそれがありますので、お買い求めの工務店・販売店又は当社お客さま相談センターにお問い合わせください。

お手入れ方法

アルミ部分

アルミは比較的腐食しにくい材質ですが、砂・ホコリ・塩分などが付いたまま長いあいだ放置しておくと、空気中の湿気や雨水の影響を受け、腐食の原因になります。

  • 汚れが軽い場合:水でぬらした柔らかい布で汚れをふきとり、からぶきします。
  • 汚れがひどい場合:水でぬらした柔らかい布で全体に付いたホコリ・砂などをふき取ります。うすめた中性洗剤でひどい汚れを落とし、洗剤が残らない様によくふき取りましたら、全体をからぶきします。

【万一、サビがでたときは】
中性洗剤を付けたナイロンタワシ又は目の細かい紙ヤスリで軽くこすり、サビや汚れを取除きます。水ぶきし、塗料のはげた部分にスプレー塗料を吹付けします。

樹脂(プラスチック)部分

水でぬらした柔らかい布で全体に付いたホコリ・砂などをふき取ります(隅の清掃には柔らかい歯ブラシをお使いください)。特に汚れがひどい場合は、うすめた中性洗剤・アルカリ性洗剤で汚れを落とし、水洗いしたあとにかたく絞った柔らかい布で全体をふきます。

  • 樹脂は、アルミなど他の材質と比べるとキズ付きやすい性質があります。付着した砂やゴミをそのままにして使用を続けると、キズの原因となります。
    また、キズをさけるため、お手入れには布やスポンジのような柔らかいものを使い、金属ブラシ・金ベラは使用しないでください。
  • 樹脂は酸・アルカリに強い特性をもっていますが、ベンジン・ガソリン・エーテル・アセトン・シンナーなどの有機溶剤は使用しないでください。

木(床フタ)部分

日常のお手入れは乾いた布でからぶきしてください。
汚れがひどいときは、水で濡らしてかたく絞った柔らかい布で拭いてください。その後、乾いた布でふき取ってください。
尚、木のお手入れには、シンナー・ベンジンなどの使用はさけてください。

お手入れのご注意

  • 樹脂は酸・アルカリに強い特性をもっていますが、ベンジン・ガソリン・エーテル・アセトン・シンナーなどの有機溶剤は使用しないでください。
    また、キズをさけるため、お手入れには布やスポンジのような柔らかいものを使い、金属ブラシ・金ベラは使用しないでください。
  • 木のお手入れには、シンナー・ベンジンなどの使用はさけてください。

フローリング・階段等の木製品

床材は水気・湿気を嫌います。水にぬれた場合すみやかに柔らかい布で乾拭きしてください。

お手入れ方法

  • 日常のお手入れは乾いた布でからぶきしてください。
  • 汚れがひどいときは、水で濡らしてかたく絞った柔らかい布で拭いてください。その後、乾いた布でふき取ってください(床材は水気・湿気を嫌います)。
  • 床材表面が、しょう油・コーヒー・洗剤・カビ取り剤、ペットの排泄物などで汚れてしまった場合も、放置しておきますと変色のおそれがあります。木目や目地に染み込む前にただちに水で濡らしてかたく絞った柔らかい布で拭いてください。

お手入れのご注意

  • 床材表面が、しょう油・コーヒー・洗剤・カビ取り剤、ペットの排泄物などで汚れてしまった場合、放置しておきますと変色のおそれがあります。木目や目地に染み込む前にただちに水で濡らしてかたく絞った柔らかい布で拭いてください。
  • 床材は水気・湿気を嫌います。水にぬれた場合すみやかに乾いた柔らかい布でふき取ってください。放置しておくと、しみ・変色が生じたり、表面のひび割れが生じたりすることがあります。次の点にご留意ください。
    • 水の飛び散るおそれのある流し台、洗面台の周辺には、マットを敷いて保護してください。
    • 観葉植物などの鉢には、必ず水受け用の皿などを敷いてください。
    • 雨が吹き込むおそれがある場合、サッシを閉めてください。
    • スチームを使ったお手入れや水濡れ、ワックスの塗布量が多いと、フクレやハガレ、変色などの原因になります。
  • ペットのツメでフローリングの表面をキズつける場合もありますので、ご注意ください。
  • クレヨン・マジックなどが床材表面に付着した場合は、エタノール又はシミ抜き用ベンジンを含ませた布ですみやかにふき取ってください。
  • 化学ぞうきんを床の同じ所に長い間放置したり、ぬれた所を化学ぞうきんでふいたりしないでください。化学反応により、変色・汚れの原因になります。

ワックスがけをしたい場合のご注意

  • ノンワックスタイプの床材はワックスがけをしなくても耐久性はありますが、ワックスがけをする場合は、木床用の樹脂系ワックス(リンレイ:ハイテクフローリングコート)をご使用ください。ワックスがけは半年に一度が目安です。
  • ご使用の際は直接床にまかず、布などにしみ込ませて薄くムラなく塗布してください。床に直接多量にまきますと表面のふくれなどの原因となります。
  • 室温が低いとき(5℃以下)や雨天で湿度が高いときにワックスを塗布したり、ワックスの塗布面にお湯などをこぼすと、ワックスが白化する場合があります。白化した場合はワックスを除去してください。
  • ワックス塗布後は、換気を行い乾燥させてください。乾く前に塗布面を歩いたりしますと塗りムラなどの原因となります。
  • ワックスがけ前後に化学ぞうきんを使用しないでください。床材表面のワックスが白くなるおそれがあります。
  • ワックスはくり剤は使用しないでください。表面を傷める原因となります。
  • ワックスの使用方法を誤ると床材表面に異常を起こす場合がありますので、その他の使用方法については、容器記載の使用方法をよくお読みください。

モイスNT内装材

モイスは多孔質セラミックス素材でできており、表面に付着した汚れをそのままにしておくと、内部に染み込み乾燥して落ちにくくなるため、日常のお手入れを定期的に行ってください。

お手入れ方法

  • 日常のお手入れは、乾いた柔らかい布、又は化学ぞうきんでからぶきしてください。
  • ホコリやゴミは、乾いたきれいな布で払い落としてください。
  • ひどい汚れ、又は落ちにくい汚れは、中性洗剤を薄めてかたく絞った柔らかい布でふき取ってください(但し、水洗いはしないでください)。

お手入れのご注意

  • 汚れがひどい場合でも、酸性・アルカリ性の洗剤、溶剤(シンナー、ベンジン)などは絶対に使用しないでください。
  • モイスは多孔質セラミックス素材でできており、水をよく吸収する性質を持っていますので、水洗いはしないでください。