ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインの「ユニバーサル」は、普遍的な、すべての人の、という意味をもつ単語です。
このことが示しているように、「ユニバーサルデザイン」は「すべての人のためのデザイン」を指し、年齢や国籍、障がいの有無や使う人の能力などに関わらず、より多くの人が利用できるようなデザインを目指そうとする考え方です。

ユニバーサルデザインは、1980年代にノースカロライナ州立大学のロナルド・メイス氏によって、それまであった「バリアフリー」に代わる概念として提唱されました。
ロナルド・メイス氏は、ユニバーサルデザインを「できるだけ多くの人が利用可能であるように製品、建物、空間をデザインすること」と定義し、ユニバーサルデザインの7つの原則を提唱しました。

ユニバーサルデザインの7原則

  1. どんな人でも公平に使えること
  2. 使う上で自由度が高いこと
  3. 使い方が簡単で、すぐに分かること
  4. 必要な情報がすぐに分かること
  5. うっかりミスが危険につながらないこと
  6. 弱い力でも楽に使えること
  7. 利用するための十分な大きさと空間があること

「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」

「バリアフリー」は、行動の妨げとなる障壁(=バリア)が取り除かれた状態を示す言葉で、障がい者や高齢者が生活する上での障壁を取り除こうとする考え方です。

例えば、住居や駅などにある段差は、健常者にとっては問題ないものであっても、車椅子の人が乗り越えられなかったり高齢者がつまづいてケガをする可能性があります。バリアフリーの考え方では、これを障がい者や高齢者にとっての「障壁」であるととらえ、スロープを設けるなどこの障壁を取り除く対策を施す必要があると考えます。

このバリアフリーという言葉はこれまで多くの場面で使われ、この考え方にもとづいた街づくりが行われてきました。
駅などの多くの公共施設で、階段しかなったところにエレベーターやスロープなどが設置され、障がい者や高齢者でも使えるよう配慮されてきたのもその一例です。

ところが、バリアフリーは、「障がい者や高齢者など特別な人に対する特別な対策」であり、健常者を中心としたデザインの中にすでに存在するバリアを取り除くという発想になってしまいがちです。
階段しかなかった場所に後からエレベーターやスロープを設けたとしても、これらがあくまで特別な対策である以上、それらがどこにあるのか分かりにくかったり遠まわりで不便になってしまうようなケースもありえます。

エレベーター、スロープを特別な対策と考えるのではなく、そもそも初めから階段やエレベーター、スロープを同等なものととらえ、だれもが平等に公平に利用できるようにデザインするという考え方がユニバーサルデザインなのです。

日本でも、これまでのバリアフリーの考え方から一歩進んで、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れ、だれもが安心して利用できる街づくり、モノづくりを進めていこうという動きが広く浸透してきています。

暮らしの中のユニバーサルデザイン

私たちの暮らしの中にも、さまざまなユニバーサルデザインがあります。
代表的な例をご紹介します。

階段・エレベーター・エスカレータの併設

階段・エレベーター・エスカレータの併設

初めから階段・エレベーター・エスカレータを平等に設計し、さらに分かりやすいサイン(案内標識)を設けることで、利用者が使い分けることができます

幅の広い改札口

幅の広い改札口

幅の広い改札口は、子供連れや大きな荷物を持った人、車椅子使用の人など、だれにとっても利用しやすくなっています

ピクトサイン

ピクトサイン

だれもが理解できるよう、文字でなく絵文字を用いて表現されています

シャンプーのボトル

シャンプーのボトル

触るだけでシャンプーとリンスの区別がつくよう、ボトルの側面とポンプの頭部にギザギザがついています
ポンプは、押すだけで中身が出るので力の弱い人でも簡単に使えます