• ホーム
  • 窓・ドアの換気対策と消毒について

窓・ドアの換気対策と消毒について

平素、弊社製品をご愛顧頂きありがとうございます。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、窓、ドア等による換気対策や消毒方法についてお知らせいたします。
ご自宅における感染予防対策のひとつとしてお役立てください。

窓・ドアの換気対策について

新型コロナウイルスのクラスター発生リスクの一つとして「換気の悪い密閉空間」があります。
室内で過ごす際には、きちんと換気を心がけて、部屋の空気中にある汚染物質(ウイルスや細菌など)を外に出すことがとても大切です。“密閉空間”を避けるための窓・ドアによる効果的な換気についてご紹介しますので、感染拡大防止のためにぜひご一読ください。

〇2方向の窓を開けて風の流れをつくる

窓を開けて換気する際は、1カ所だけではなく、2カ所の窓を開けることが大切です。風の入口と出口を設けることで空気の通り道が生まれ、より効率的に換気できます。

2方向の窓を開けて風の流れをつくる2方向の窓を開けて風の流れをつくる

〇窓の高低差で風の流れをつくる

暖かい空気は上に行くという特性を利用することで、無風状態でも空気の流れをつくることが可能です。家の中に低い位置と高い位置(1階と2階など)に窓がある場合は、同時に開けるようにしましょう。

窓の高低差で風の流れをつくる窓の高低差で風の流れをつくる

窓の高低差で風の流れをつくる窓の高低差で風の流れをつくる

〇窓が1つしかない場合はドアを開ける

部屋に窓が1つしかない場合でも、部屋のドアを開けることで、窓とドアの間に空気が流れます。また、扇風機を窓の外に向けて使用することで、室内の汚れた空気が外に排出されやすくなります。

窓が1つしかない場合はドアを開ける窓が1つしかない場合はドアを開ける

〇弊社の換気対応商品や機能について

<上桟の換気口>
窓上部に換気口が付いている場合、窓を閉めたまま室内の換気が可能です。換気の際は、つまみをスライドさせてください。

当社では「サーモス段窓排気ファン※」を採用しております。(※オプション設定)
これは新鮮な外気を必要な量だけ直接採り入れ、汚れた室内の空気はできるだけ早く室外へ排気するシステムです。
これにより家の中に空気の流れをつくることができます。このような換気システムはウイルス対策に有効になりますのでぜひご利用ください。詳しくは当社HPをご覧ください。

<上桟の換気口>

<上桟の換気口>

<ウインドキャッチ(縦すべり出し窓)>
左右の窓をそれぞれ90°に開くことで、家の脇を通り抜ける風をしっかり採り込むことができます。

<ウインドキャッチ(縦すべり出し窓)><ウインドキャッチ(縦すべり出し窓)>

<ウインドキャッチ(縦すべり出し窓)>

<小開口アーム(縦すべり出し窓)>
少しだけ窓を開けて換気したい場合に開き幅を制限でき、あおり止めとしても機能します。

<小開口アーム(縦すべり出し窓)><小開口アーム(縦すべり出し窓)>

<ドアガード(玄関ドア)>
少し開けた位置でドアを固定し、換気することができます。

<ドアガード(玄関ドア)><ドアガード(玄関ドア)>

<スライドロック(玄関引戸)>
スライドロック付の玄関引戸の場合、少し開けた位置で扉を固定することが可能。外から扉を開けられる不安を軽減できます。

<スライドロック(玄関引戸)><スライドロック(玄関引戸)>

<採風ドア(玄関ドア・玄関引戸・勝手口ドア)>
採風機構の付いたドアや引戸の場合、カギを閉めたまま換気することができます。

<採風ドア>玄関ドア<採風ドア>玄関ドア玄関ドア

<採風ドア>玄関引戸<採風ドア>玄関引戸玄関引戸

<採風ドア>勝手口ドア<採風ドア>勝手口ドア勝手口
ドア

<採風シャッター/目隠し可動ルーバー>
スラットや羽根部が可動式なので、外からの視線を遮りながら通風できます。

<採風シャッター><採風シャッター>採風シャッター

<目隠し可動ルーバー><目隠し可動ルーバー>目隠し可動ルーバー

窓・ドアの消毒について

「厚生労働省で推奨されている新型コロナウイルス感染対策「家庭用塩素系漂白剤」に関するドアの取っ手やサッシ、ドア等の消毒について」(一社)日本サッシ協会

https://www.jsma.or.jp/Top/tabid/262/Default.aspx