デジタルの力で、ユーザー体験と社内環境の仕組みを変えていく

A.H

デジタル部門 デジタルテクノロジーセンター テクノロジーG
2015年入社 学際情報学府

日々の研究と開発は、最高のユーザー体験を提供するため

2015年に入社し、一年半程度、研究部門での業務を経て、現在は、デジタル部門にて、webエンジニア・インフラエンジニアとしてwebサイト制作やシステム開発を担当しています。具体的には、リクシルのサービスをお使いになるお客様のログイン・顧客情報管理の仕組みを構築して、よりよいプロダクト開発を進めています。
また、国内だけでなく、グローバルで使用する社員のID管理やログインの仕組みといったデジタル認証分野の開発も行っています。

プロダクト開発に関しては、この研究や開発が進むと、これまでは使用するたびに必要だった個人情報の入力の手間が減り、今まで以上に快適に使えるようになります。
リクシルの製品やサービスを使って頂く方々に、最高のユーザー体験を提供する。これが私のミッションです。

チャレンジやキャリア形成には最適な環境

入社のきっかけは、大学院時代の研究室でリクシルの社員の方にお世話になったことです。自由な雰囲気に惹かれました。入社後も大きなギャップは特になく、社員の方々が優しくサポートしてくれたので、新人でも様々な提案をさせてもらいました。また、リクシルという会社は、挑戦する人を後押しする文化があります。自らの意志で目標に突き進むことができる積極的な人が、リクシルには向いているように感じます。

困っているときには手を差し伸べてくれる方や、積極的にサポートしてくれる方など優しい方が多いのは、もちろん人柄によるものではありますが、立場や環境が、人となりを形成している部分も大きいではないでしょうか。リクシルは個人のキャリア成長やサポートを重視しているので、長期的なキャリアを意識する人にとっては最適な環境だと思っています。

デジタル分野でのエキスパートを目指して

研究部門での業務を経て、世の中には唯一無二の正解があるのではなく、いろんな答えがあるということを学びました。今携わっているシステム開発も同様です。自分たちが考え抜いた答えが、今までなかったものだとしても、それは確かなひとつの解答になりうる。それでお客様に喜んでいただけるのであれば、嬉しいことと考えるようになりました。学生の時と比べて柔軟性が少しは身についた気がします。

リクシルには、社員の適性や希望に合わせた様々な働き方やキャリアの選択が可能ですが、私は自分の専門性を突き詰めたいと考え、現在、エキスパート社員(※)として働いています。現在担当しているデジタル認証分野に関しては、これからも研究開発を進めていきたいと考えています。日本だけでなく世界中で働いている約6万人の社員のログインシステムを担当することは、プレッシャーはありつつも、とてもやりがいを感じますから。

これまでのリクシルのビジネスは対面で代理店、販売店経由でお客様と関わり、販売していくというリアルなつながりによって、購入いただいていましたが、COVID-19や海外展開などを考えると、今後はよりオンラインでのビジネスが活発化していくと思います。
今後は、オンラインでビジネスできる仕組みをつくり、日本の製造業でもここまでできるということを発信し続けていきたいです。

*所属・内容等は取材当時のものです。

PageTop