現場経験を成長の糧に、自分らしい営業スタイルを築く

S.H

関東営業統括部 LWT横浜支店 横浜設備営業所
2008年入社 経済学部 国際経済学科

つながりを重視することで確立した営業スタイル

私は現在、横浜支店の設備営業所にて、神奈川エリアの大型商業施設/オフィスビル/介護施設などの新築およびリフォーム物件向けに、トイレを主力とする設備商品の営業を行っています。小規模から大規模物件までを幅広く扱う部署であり、営業範囲も多岐にわたるため、建築や水まわり製品に関わる全商材の知識を必要とする業務です。

自らの成長に気付きをくれたリーダー育成プログラム

入社して数年が経った頃、当時抱いていた「成長は他者から与えられるもの」という考え方に起因し、たとえ能力があってもそれを発揮できる部署でなければくすぶってしまうのではないかと思い悩んでしまいました。思いきって上司に相談したところ、若手世代の選抜メンバーに対し実施される社内のリーダー育成制度「TAP(Talent Acceleration Program)」の受講を提案してくれました。この研修は、リーダーとは何であるかを探り、自分はどういった人間になりたいかという目標を見つける内容となっており、私の考え方やものの見方は大きく変化しました。「成長とは外的要因によってもたらされるのではなく、自ら行動を起こして初めて得られるもの」ということに気づくとともに、自分は人を育てていくことに強い関心があり、そこに仕事の意義を求めていることを改めて実感できました。

後輩の成長から得る達成感が自らの原動力に

現在、私は入社2年目と4年目の2名の後輩に対し、行動管理をはじめとする教育を行っています。営業としてある程度自分の仕事はこなせるようになってきた今、後輩の2人が伸びてくれることの方に喜びを感じることが多くなりました。後輩の営業成績が上がったときや、プロジェクトがうまくいったときが最も達成感ややりがいを感じる瞬間です。

*所属・内容等は取材当時のものです。

PageTop