挑戦して気づく、自分にしか起こせない変化

Y.K

LHT 加工技術部 生産情報技術G
2019年入社 機械工学部 機械工学専攻

工場のIT化を通して、人の生活を支えたい

人の生活を支える観点でインフラ系を中心に就活を進めていく中で、改めて人の生活を直接支えるのは唯一無二の場所である家だと思いました。その上で空間の快適性を提供するため住宅設備を総合的に扱っているLIXILには魅力を感じましたし、社員みんなが生き生きとしており、チャレンジ精神旺盛で、自分の仕事を自信持って語っていたことも入社の要因です。

壁にぶつかりながら、着実に進むことが一番の近道

印象深い仕事としてあげるとすると、現在の主担当である汎用画像検査システム開発において、自身がメインとなって開発した画像検査システム内の基本プログラムが一種の標準として、現在導入中も含め4工場にて画像検査機へ採用されていることですね。
もちろん最初は必要な知識や検査についてなど、先輩方や工場の方々、画像処理の業者の方々に聞いて学んでいました。システム開発なども初めてであったためプログラムの基本処理の流れなどを独学で身に着けていくことも多かったです。今では先輩方から開発の相談をしていただいたりもするので、嬉しく思っています。

逆に現在まだまだ足りず、試行錯誤しているのは、プロジェクトのゴールまでの一連の流れと過程をイメージする想像力、関係者とより円滑に連携するためのコミュニケーション力、次のステップを常に意識する行動力の3つのポイントだと思います。失敗することも多々ありますが、日々壁にぶつかっても、周りにアドバイスを受けながら一歩ずつ前に進むことを心掛けています。

誰かの役に立つということが最大の活力

今の仕事のやりがいは関わった仕事で感謝されることです。
感謝されるということは自分の仕事が認められて、誰かの役に立っていると思えるので、また次の仕事への活力につながり、一層頑張ろうと思えます。
そのため、自分がされて嬉しいように相手にもしっかりと感謝を伝えるようにしています。
仕事を進めて行くにはどうしても一人の力だけでは出来ない事も多く、周りにはいつも助けてもらっています。伝えにくいことでも、こうした方がいいと思うことはしっかり伝えてきたことがより良い人間関係を作ったとも思います。
今後の目標は、まずはしっかりと目の前の業務に取組み成果を出していくことですが、業務スピードの点で、まだ課題があると感じているので、より行動力をもって業務を推し進めれるようになりたいです。
やはりこれだけ大きな企業でありながら、起業家精神を大事にし、年齢や立場に関係なく、社員一人一人が考え行動することを重視しているリクシルには改めて魅力を感じますし、自ら変化を起こしていけるよう一層励みたいと思います。

*所属・内容等は取材当時のものです。

PageTop