千葉県の小学校でユニバーサル・ラン<義足体験授業>を開催

千葉県の小学校でユニバーサル・ラン<義足体験授業>を開催

フレンドリーな池田選手は「ミッキー」というニックネームと共にすぐに子どもたちと打ち解け、自身の義手や義足の仕組みについて紹介したり、デモンストレーションで走りを披露し、沢山の歓声と拍手が送られました。

講師の池田樹生選手

子どもたちは義足を体験した後、座学の講義で多様性やユニバーサルデザインの考え方について学びました。”池田選手が普段の生活でどんな事で困ったり、大変だったりするか考えてみよう”というグループワークでは、「車や自転車の運転」「泳ぐこと」「じゃんけん」など多くの発言が出ましたが、「特に問題なく出来る」という回答に子どもたちからは驚きの声が上がりました。

義足体験の様子
グループワーク

質疑では「これまで義足のことでからかわれたり、いじめられた経験はありましたか?」という質問もありましたが、池田選手は「実は小学校から中学、高校と過ごす中でそうした経験は一度もありません。まわりの人たちが僕のひとつの個性として受け入れてくれました。」と話していました。

授業後の子どもたちからは「義足を使っている人の気持ちが聞けて良かった」「階段などで困っている時は助けてあげたいと思った」などの感想があがり、授業を通じてそれぞれが様々な思いを感じ取ったり、行動したいと思ってくれたようです。

集合写真

LIXIL×SDGs NEXT STAGE
活動報告

SHARE

in
PageTop