障がいのある従業員のための取り組み

SHARE

in

LIXILではノーマライゼーションの考えを尊重し、様々な障がいのある方が、健常者とともに仕事ができる職場環境や仕組みづくりを進めています。LIXILの障がい者雇用の特徴は、障がい者雇用を主目的としたいわゆる特例子会社を設けず、LIXIL本体の中で、LIXILの業務を担っていることです。北海道から九州まで、全国各地の営業拠点、生産拠点、研究・開発拠点、物流拠点で、障がい者と健常者が一緒に働き、それぞれの特性を尊重しあいながら、信頼関係を築いていける職場環境を生み出しています。こうした職場環境づくりを通して、ダイバーシティ&インクルージョンを推進していきます。

障がい者就労センター「WING NIJI」

WING NIJI 外観 WING NIJI

LIXILの障がい者雇用の取り組みで重要な役割を担っている施設として、本社人事部門に設けられた障がい者就労センター「WING NIJI」があります。
「WING NIJI」では、様々な障がいのある従業員が、事務作業を中心とした多様な業務に従事しています。そこで必要となる業務適性の評価や就労上の支援策を検討することで、より活躍できる職場環境や職務能力の開発に取り組んでいます。また、発達障がい、高次脳機能障がいなどを含む精神障がいや、視覚と聴覚、知的と身体といった重複障がいなど多様な特性への対応、そしてこれまで作業的な業務に偏りがちだった知的障がいのある方の業務範囲を拡大していくことも目的としています。

「WING NIJI」の建物は、ハード・ソフト両面で配慮の行き届いた就労環境を目指しています。バリアフリーを基本に、採光や遮音にも配慮した執務室、ベッドを置いた休養室や自然光を生かした休憩所が設けられ、メンバーの要望に応じて多機能トイレの増設も行いました。また、執務室内の座席は、多様な特性のあるメンバーが混在した配置にするなど、同じ職場で働く仲間として、お互いを理解し合うための仕組みを各所に施しています。

2020年6月1日現在、「WING NIJI」には、身体障がい者19人、知的障がい者10人、精神障がい者7人の計36人の障がい者が在籍しています。

増設された多機能トイレ

増設された多機能トイレ

自然光を活かした休憩室

自然光を活かした休憩室

「一人ひとり」を基本にした仕事とサポート

「WING NIJI」では、隣接するオフィスなどからの単独業務に加え、納期の長い大口業務や常時対応が求められる定常業務など多種多様な事務業務(デスクワーク)を受託し、様々な障がいのあるメンバーが、障がいの種別ではなく、一人ひとりに合った仕事にチャレンジできる可能性を探っています。多様な業務設計を通じて、一人ひとりがやりがいを感じながら成長していけるようサポートしています。

健常者と障がい者がともに助け合う、安心できる職場環境づくり

「WING NIJI」の運営スタッフは6人で、業務の進捗管理や課題対応などを行っています。うち2人は障がいがありますが、他のスタッフとともに外部支援機関と連携し、障がい者雇用に関する講習会などにも積極的に参加しています。
業務管理にあたっては、スタッフが担当メンバーそれぞれの業務負荷を調整し、一人ひとりに適した状態となるよう対応しています。メンバーの安定と定着を図るため、日報によるコミュニケーションなどを通じて、メンバーが会話しやすい状況をつくることで、わずかな異変の兆候もいち早くキャッチし、速やかに問題解決にあたれるようにしています。合わせて、メンバーの成長を確認するために、目標の設定と共有・課題点の振り返りなども行っています。
また、社内だけでなく、入社時点から外部支援機関と連携し、第三者目線でフォローいただきながらメンバーの状況を共有し対応することで、一人ひとりが安心して働ける環境づくりを進めています。

スタッフ会議ではオンラインも活用して情報共有

スタッフ会議ではオンラインも活用して情報共有

音声文字変換などの支援機器も活用した、依頼部署との対面での業務確認

音声文字変換などの支援機器も活用した、依頼部署との対面での業務確認

「職場の一番良いところは人間関係。フットワークの軽さを活かしています」

入社7年目になる窪川潤さんは、本社内のメールセンターでの業務経験を活かして、2019年10月からWING内部署の郵便物の発送や配達の業務を担当しています。「相手先の会社に発送する郵便物の数え間違いや、社内便の投函ミスがないよう気を付けています。書き漏れなどないよう確認作業にも目を光らせています」と窪川さんは語り、その几帳面な性格が活かされています。
また、高校時代は陸上部で、今も趣味でランニングを続けており、配達業務は「自分のフットワークの軽さを活かせている」と感じています。
窪川さんは、LIXILで働いて良かった点をこう語ってくれました。「一番は人間関係です。スタッフの方たちの面倒見の良さや、仕事の教え方が素晴らしいと思っています。NIJIには様々な障がいのあるメンバーがいますが、みんな和気あいあいと過ごせているのも良いですね」。窪川さんは今、発送・配達業務のスペシャリストを目指しており、業務のマニュアルづくりなどパソコンのスキル向上にも尽力しています。

NIJIで働く従業員 NIJIで働く従業員
厚生労働省委託事業「精神障害者等雇用優良企業認証

ダイバーシティ&インクルージョンの実現を目指すLIXILは、このような活動によって、2016年5月、精神障がい者等を中心とした障がい者の雇用促進に積極的に取り組む企業を評価する、厚生労働省委託事業「精神障害者等雇用優良企業認証」(事務局:一般社団法人障害者雇用企業支援協会)を取得しました。

施設概要

【所 在 地】〒136-0072 東京都江東区大島2-14-7
【建物面積】388㎡(約117坪)
【収容人数】40名
【竣工】2014年7月2日

ユニバーサルデザインとパッシブファーストの技術を取り入れ、従業員の健康や快適性、環境負荷低減を追求しています。木造平屋の良さをいかし、温かみのある家庭のような雰囲気を創出することで、誰もが働きやすいオフィス環境を整えています。

SHARE

in
PageTop