働きがいのある職場環境づくり

SHARE

in

LIXILは、働きがいと多様性のある職場環境こそが、組織の持続可能な成長を支えると考え、従業員の多様性を高め、一人ひとりが会社に誇りを持って高い生産性のもと、持てる力を最大限に発揮できる環境づくりに取り組んでいます。国内事業の活性化に向けた全社施策「変わらないと、LIXIL」では、在宅勤務制度や休暇制度の改革、「スーパーフレックス」などの新しい制度の導入、デジタルツールの活用やオフィス集約などの環境づくりに取り組んでいます。

成長と変革を加速させる「変わらないと、LIXIL」

IXILでは、2019年11月に国内事業を活性化させるための「変わらないと、LIXIL」を開始しました。3つの重点テーマ「顧客志向に変える」「キャリアを変える」「働き方を変える」を設定し、全社施策として展開することにより、LIXILの持続的な成長を目指します。このうち「キャリアを変える」では、あらゆる世代のキャリア開発と人材育成を強化し、実力主義への転換を加速していくため、これまでの制度に加え、従業員が様々な機会にチャレンジしていけるよう準備を進めています。また「働き方を変える」では、次のような仕組みや環境づくりを推進しています。

変わらないと、LIXIL

一人ひとりの“選択”を後押しする新しい働き方

テーマの一つに掲げている「働き方を変える」では、2020年1月から、個人の業務形態やワークライフバランスに応じて、就業場所や時間、ツールなどを柔軟に選択できる、多様で生産性の高い働き方を推進しています。在宅での業務をよりスムーズにするため、オンライン会議システムや社内SNSを活用したコミュニケーションを推進しています。こうした仕組みや環境を整備してきたことにより、コロナ禍においても柔軟かつ円滑に業務を進めることができています。

また、東京本社があるWINGビル内のスペース「ひらめき」には、「集中エリア」「コミニケーションエリア」「気分転換の座敷」など多様な機能を設置し、従業員同士の活発なコミュニケーションを通じてイノベーションが生まれるような空間を提供しています。2020年に誕生したWINGビル内の「東京デザインスタジオ」でも、チームの連携を強め、優れたデザインを生み出すための環境が整備されています。

新しい働き方の象徴的な空間「ひらめき」

新しい働き方の象徴的な空間「ひらめき」

多様な人材の活躍をサポートする制度

LIXILでは、性別や年齢、障がいの有無などにかかわらず、多様な人材が活躍することで迅速にイノベーションを生み出していけるよう、「ライフステージに合わせた休暇制度の拡充」、「育児と両立する柔軟な働き方のサポート」、「育児休業からの早期復職支援」に取り組んでいます。

「ライフステージに合わせた休暇制度」の拡充にあたっては、子どもの看護休暇や家族の介護休暇を年10日ずつ有給休暇として設定しているほか、男性従業員対象の「パパの子育て休暇」の取得期間を従来の半年から1年、取得日数も5日から10日に拡大しました。女性従業員対象の生理休暇は、全ての従業員を対象とする「セルフケア休暇」に改定しました。

また、「育児と両立する柔軟な働き方のサポート」として時短制度の拡充やベビーシッター利用補助、「育児休業からの早期復職支援」として早期復職サポート金の支給など、様々な取り組みを進めています。

SHARE

in
PageTop