LIXIL錦織チャレンジ スポーツ施設サポートプロジェクト

GODAI亀戸

GODAI亀戸のスタッフと会員の皆様

施設紹介

 LIXIL錦織チャレンジスポーツ施設サポートプロジェクト7施設目は、GODAI亀戸(東京都江東区)です。会員の2割の方が60歳以上で、子供から高齢者まで幅広い年齢層の方が通われています。この施設では、テニススクールをはじめゴルフスクールや子供向けのスポーツ教室も開かれており、幅広くスポーツの普及に取り組まれています。

GODAI亀戸

GODAI亀戸施設内の様子

 GODAI亀戸の施設周辺は高齢者が多く住むエリアで高齢の会員も多いため、駐車場から館内へ続く動線は段差レスで、高低差のある廊下は移動しやすいようにスロープが設けられています。また、車いす用のトイレやエレベーターも完備され、誰もが使いやすいように配慮されています。
今回のプロジェクトでは、男女更衣室に各1基ずつ、ユニバーサルデザインの視点を取り入れたLIXILのシャワーが2基設置されました。

製品導入セレモニー

左からLIXIL河部、中村、GODAI亀戸佐竹氏、津田氏

 セレモニーでは、LIXILの東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部中村より、GODAI亀戸の佐竹氏へ、錦織選手の直筆サインが入った記念写真が贈呈されるとともに、錦織選手がこのプロジェクトに込めた「日本のスポーツ界に貢献したい」という思いが伝えられました。

GODAI亀戸 佐竹氏と錦織選手へ会員の皆様から贈られたメッセージ

 GODAI亀戸からはお礼として、会員の方々から集められた、錦織選手への応援メッセージをまとめたブックが贈られました。佐竹氏は「プロジェクトへの参加をきっかけに、益々日本テニス界の発展に貢献していきたい。」と述べられました。

寄贈されたLIXILシャワー「アクアネオ」とプロジェクトエンブレム

GODAI亀戸 津田ヘッドコーチ

 津田氏は「現在日本のテニス人口は約300万人ですが、錦織選手の活躍と、このプロジェクトによって益々テニス人口が増えることを願っています。錦織選手が活躍して、日本中の施設のシャワーがLIXIL製品になったら素晴らしいですね」と述べられました。

利用者に聞いた「アクアネオの使い心地」

週に2回2年間こちらの施設に通っているという横江智子さんは「頭上から広範囲にお湯が当たるので温まります。自分でシャワーヘッドを持たなくても、ふくらはぎや太ももにお湯を当てることができ、マッサージ効果もあるのでとても気持ちいいですね」とシャワーを使った感想を語りました。

寄贈されたLIXIL製品アクアネオ

スコールのように爽快なオーバーヘッドシャワーと、8ヶ所のノズルからシャワーを出し「面」で身体を温めるボディシャワー、冷えやすい足元をしっかり温めるフットシャワーが備わっており、これら3つの機能シャワーで快適なバスタイムを演出する。