LIXIL錦織チャレンジ スポーツ施設サポートプロジェクト

JOGLIS

JOGLISのスタッフと、JOGLISを中心に活動している「おもてなしランナー協会」の皆様

施設紹介

 LIXIL錦織チャレンジスポーツ施設サポートプロジェクト8施設目は、半蔵門ランナーズサテライトJOGLIS(東京都千代田区)です。この施設は"ランナーの聖地"といわれる皇居を臨む内堀通沿いにあり、ロッカーやシャワーを完備して皇居ランナーたちをサポートしています。当プロジェクトでのランニングステーションへの寄贈は今回が初めてで、男女更衣室に各1基ずつ、計2基のシャワーが設置されました。

JOGLIS

製品導入セレモニー

製品導入セレモニーに参加された皆様

JOGLIS尾口優子氏と、錦織選手へ贈られるメッセージブック

  JOGLIS 尾口氏は、セレモニーで「JOGLISには、走るためではなく、歩行器で訪れてシャワーを浴び、スタッフと会話を楽しむために訪れる方もいらっしゃいます。また目の不自由なランナーの方のために点字シールを貼った経験もあり、ユニバーサル社会の実現を目指すこのプロジェクトに参加させていただこうと思いました。」と導入にいたった経緯を語りました。「これからも利用者の皆さんから愛される施設を目指します」と話し、LIXIL宛に錦織選手への応援メッセージをまとめたブックも贈られました。

寄贈されたLIXILシャワー「アクアネオ」とプロジェクトエンブレム

JOGLISスタッフ小檜山裕梨氏

 小檜山氏からは「ランニングステーションにはシャワーが必要不可欠なので、高機能なシャワーを設置していただいて嬉しく思っています。このプロジェクトを通して、テニス界だけでなくスポーツ全体が盛り上がってくれると嬉しいですね」と、喜びのコメントを頂きました。

利用者に聞いた「アクアネオの使い心地」

こちらの施設を週に2~3回利用しているという施設利用者の大竹邦幸さんは、「全身が温まるので、走って体が冷えたときにも良いですよね。ノズルからはくすぐったいくらい勢いよくお湯が出て、前からだけでなく背中側からも浴びると全身が温まります。走って疲れた筋肉もほぐれますよ」と使い心地を教えてくれました。

寄贈されたLIXIL製品アクアネオ

スコールのように爽快なオーバーヘッドシャワーと、8ヶ所のノズルからシャワーを出し「面」で身体を温めるボディシャワー、冷えやすい足元をしっかり温めるフットシャワーが備わっており、これら3つの機能シャワーで快適なバスタイムを演出する。