LIXIL錦織チャレンジ スポーツ施設サポートプロジェクト

ニッケテニスドーム名古屋

ニッケテニスドーム名古屋の皆様

施設紹介

 LIXIL錦織チャレンジスポーツ施設サポートプロジェクト10施設目は、ニッケテニスドーム名古屋(愛知県あま市)です。この施設の月間利用者は延べ5200人、5歳~80歳まで幅広い年齢の方が通われています。

ニッケテニスドーム名古屋

ニッケテニスドーム名古屋の施設の様子

 施設の入り口にはスロープが設けられ、ベビーカーを使用する方にも配慮されており、保育所もあることから小さなお子様がいらっしゃる方でも気軽に利用いただけます。
今回のプロジェクトで、男女更衣室に各1基ずつ、計2基のシャワーが設置されました。

製品導入セレモニー

左からLIXIL藤田、中村、ニッケテニスドーム竹村氏、佐藤氏

 セレモニーでは、LIXILの東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部の中村より、「年齢や性別、障がいの有無などに関係なく、誰もが個性と能力を発揮して活き活きと暮らすことができる“ユニバーサル社会”に、建材・設備機器メーカーとして貢献したい」という思いが伝えられました。

ニッケテニスドーム名古屋竹村氏と、錦織選手への応援メッセージ

 ニッケテニスドーム名古屋の竹村氏は、セレモニーで「利用者の方にもっとテニスを楽しんでいただけるよう、一丸となって頑張っていきたい」と話し、「錦織選手の力に少しでもなれれば」と、LIXIL宛に錦織選手への応援メッセージをまとめたブックも贈られました。

寄贈されたLIXILシャワー「アクアネオ」とプロジェクトエンブレム

 LIXILシャワー「アクアネオ」は、手を塞ぐことなくシャワーを浴びることができるオーバーヘッドシャワーが特徴です。対応身長は成人人口の90%をカバーしており、多くの方に快適にご利用いただけます。

ニッケテニスドーム名古屋 窪田敦氏

 今回のシャワーの導入について、利用者の方からは「斬新なシャワーだ」と好評いただいているとのこと。窪田氏は「シャワーを浴びることは、お客様にとって運動後の疲れを取っていただくための一つの大事な道具(方法)」と語ります。激しく汗をかくテニス競技では、運動後のリフレッシュに一役買っているようです。

利用者に聞いた「アクアネオの使い心地」

オープン当初から約18年通い続けているという古澤律子さん。新しく導入されたアクアネオについて、「オーバーヘッドシャワーが洗い流しやすくて感動しました。ボタンの操作も簡単で分かりやすいです。」と語りました。「これからはもっと上達したい」と意気込みを語る吉澤さん、ぜひアクアネオでリフレッシュして、頑張ってください!

寄贈されたLIXIL製品アクアネオ

スコールのように爽快なオーバーヘッドシャワーと、8ヶ所のノズルからシャワーを出し「面」で身体を温めるボディシャワー、冷えやすい足元をしっかり温めるフットシャワーが備わっており、これら3つの機能シャワーで快適なバスタイムを演出する。