LIXIL錦織チャレンジ スポーツ施設サポートプロジェクト

テニススクール・ノア 京都西校

テニススクール・ノア 京都西校の皆様

施設紹介

 LIXIL錦織チャレンジスポーツ施設サポートプロジェクト13施設目は、オープンから14年の歴史を持つテニススクール・ノア京都西校(京都府京都市)です。インドアコート3.5面を持つこの施設では、お子様からシニア世代まで幅広い年齢層の方が約1,900名通われています。キッズルームも備えられ、小さなお子様がいらっしゃる方も通いやすいように配慮されています。今回のプロジェクトを通じて、男女更衣室に1基ずつ、計2基のシャワーが設置されました。

テニススクール・ノア 京都西校の様子

製品導入セレモニー

左からLIXIL藤田、丸岡、テニススクール・ノア 京都西校 大西氏、前田氏

 セレモニーで、LIXILの京滋支店支店長 丸岡は「錦織選手は日々試合で活躍されていますが、テニススクール・ノアの皆さまもテニスを楽しんだ後にLIXILのシャワーでリフレッシュしていただきたい」と述べました。

LIXILから贈呈した錦織選手のサイン入り記念写真と、錦織選手へ送られる応援メッセージ

 テニススクール・ノア 京都西校 大西氏は、「このようなユニバーサル(デザイン)に配慮した快適なシャワーを浴びたことはありませんでした。このプロジェクトを通じて、利用者の皆さまに“幸せ”を提供し続けていきたいです。」と話し、LIXILへ、錦織選手への応援メッセージをまとめたブックが手渡されました。

寄贈されたLIXILシャワー「アクアネオ」とプロジェクトエンブレム

 LIXILシャワー「アクアネオ」は、手を塞ぐことなくシャワーを浴びることができるオーバーヘッドシャワーが特徴です。対応身長は成人人口の90%をカバーしており、多くの方に快適にご利用いただけます。

テニススクール・ノア京都西校 橋本コーチ

 オープン当初から14年にわたりテニスを教え続けているという橋本コーチ。レッスンで大切にしていることは、テニスを上達してもらうことだけでなく、その楽しさを知ってもらうということだそう。LIXILのシャワーが、その楽しみの一つとなれば幸いです。

利用者に聞いた「アクアネオの使い心地」

各々5~10年近くテニスを続けているという小林景子さん、青野美樹さん、松田恭子さんら。アクアネオについては「しゃがんで腰を曲げたりしなくてもシャワーを浴びられるのでラク」、「オーバーヘッドシャワーが大好き」、「(湯が当たる面積が)幅があって、全身に浴びられるのが良い」と感想を語ってくれました。

寄贈されたLIXIL製品アクアネオ

スコールのように爽快なオーバーヘッドシャワーと、8ヶ所のノズルからシャワーを出し「面」で身体を温めるボディシャワー、冷えやすい足元をしっかり温めるフットシャワーが備わっており、これら3つの機能シャワーで快適なバスタイムを演出する。