LIXIL

LIXILは、東京2020パラリンピック 聖火リレーを応援しています

LIXILは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と

東京2020パラリンピック聖火リレー
プレゼンティングパートナーシップ契約

を締結しました。

LIXILは、誰もがつかいやすい住宅設備づくりや、おもいやりとおもてなしの心を大切にした活動を通じて、
安心・便利・快適に暮らせる社会を目指しています。
また、役目を終えた東日本大震災の仮設住宅の窓を再生し、聖火トーチの素材として提供しています。
被災地や仮設住宅に関わるたくさんの人の想いを形に残し、未来へとつないでいきたいと考えています。
今後は、「おもいやりと、おもてなしで、未来を変えよう。」の想いと共に、
東京2020パラリンピック聖火リレーの成功に貢献していきます。

おもいやりと、おもてなしで、未来を変えよう。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック
競技大会組織委員会 会長

森喜朗氏

株式会社LIXILを東京2020パラリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーとしてお迎えできることとなりました。
LIXILは住まいに関わり暮らしに寄り添う企業として、「ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>」を展開し全国の子供たちに共生社会を体現する場を提供いただいています。東京2020パラリンピック聖火リレーを通じて、 ユニバーサル社会の実現につながる一端を担っていただけると大変期待しております。

株式会社LIXIL 代表取締役会長

瀬戸欣哉

このたび、東京2020パラリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナーになることができ、大変光栄に思います。
LIXILは、子どもからお年寄りまでひとりひとりが豊かで快適な住生活を送ることができる「ユニバーサル社会」の実現を目指し、東京2020ゴールドパートナー(住宅設備部材&水回り備品)としてさまざまな活動を行っています。東京2020パラリンピック聖火リレーにおいても、「おもいやり」と「おもてなし」の心をもってより多くの希望を届けられるよう、全社一丸となって取り組んでまいります。

東京2020パラリンピック
聖火リレーについて

東京2020パラリンピック聖火リレーは、2020年を契機に共生社会を実現すべく、
人と人、人と社会との、「新しいパートナーシップ」を考えるきっかけとなることを目指します。
東京2020パラリンピック聖火リレーを体現するのは、3人1組のランナーで、
原則として「はじめて出会う3人」がチームになってリレーを行います。

LIXILの
おもいやりおもてなし活動