次世代省エネ建材支援事業(平成30年度)

平成30年度 次世代省エネ建材支援事業の趣旨・事業の概要についてご紹介いたします。

趣旨

次世代型の省エネ建材を導入した省エネリフォームの支援

既存住宅等の省エネルギーを図るため、一定の省エネルギー性能を有する次世代型の省エネ建材を導入した省エネリフォームを支援する制度です。
戸建住宅、マンションなどの集合住宅にも活用が可能で、短工期で施工可能な高付加価値を有する省エネ建材を用いたリフォーム工事に対し、戸建て住宅の場合、最大 200万円の補助が受けられる補助金事業です。

事業の概要

対象となる住宅・申請者

既存の戸建住宅および集合住宅になります。賃貸建物も申請できます。
新築や社宅・寮、オフィスやホテル・店舗などの業務用の建物および別荘のような常時居住しない建物は対象外となります。
店舗と住宅が一体となった建物の場合は「電気」・「ガス」などの光熱費が店舗部分と居住する部分とで分けて管理できることと断熱工事が区分されていることが必要になります。
マンションなどの集合住宅ではエントランス・ロビー・ゲストルーム・管理人室および内廊下など居住部分以外は対象外です。

対象となる住宅・申請者

補助金を申請できる人は、

常時居住している所有(予定)者 となります。
賃貸住宅の場合は建物すべてを所有している必要があります。

補助金額・補助率と交付要件

補助金の最大金額ならびに補助率は下表のようになっていて補助率、補助金の上限額両方の条件を超えない額となります。

補助率 補助対象経費の 1/2 以内
補助金上限額 戸建住宅:200万円/戸
集合住宅:125万円/戸
補助金下限額 40万円/戸
※ 補助金対象経費の合計額として80万円以上の改修工事が必要です。

補助対象経費とは?

申請する建物の断熱・省エネリフォーム工事に係るすべての費用が申請できるわけではなく、申請できる工事が決まっています。 補助金の対象として申請できるのは、

① この補助金制度で対象製品として事前に登録された製品の購入費用
② 登録された製品を取り付けのための工事費用とその工事に必要な部材とその工事費用  です。

補助対象の詳細については工事をお願いするリフォーム会社にご確認ください。

補助対象製品とは?

補助対象製品は、当補助事業のホームページに公開されています。
一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII) URL:https://sii.or.jp/meti_material30/search/
補助対象製品は、

必須

補助対象
必須建材
(右のいずれかまたは両方を必ず工事)

補助対象必須建材

LIXILの代表的な登録製品
詳しくは SIIのHPでご確認ください。HPはこちら
断熱パネル:・ココエコ/ウォールインプラス ・ココエコ/フロアインプラス

なお、補助金の交付申請時に 「ココエコ施工登録店証明書」 が必要となりますのでご注意ください。
さらに上記必須の製品を施工すれば、追加で以下の製品の改修工事も申請が可能です。

必須

上記補助対象に
追加可能な建材
(上記建材と同時に導入する場合に限り補助対象)

上記補助対象に追加可能な建材

LIXILの代表的な登録製品
(詳しくは SIIのHPでご確認ください。)
玄関ドア
・リシェント玄関ドア3 ・グランデル2 ・アヴァントス
   :
内窓
・インプラス ・インプラスウッド
外窓
・リフレム+エルスターX ・リフレム+エルスターS ・リフレム+サーモスX
調湿建材
・エコカラット ・エコカラットプラス

スケジュール

一次公募:平成30年5月28日(月)〜平成30年6月29日(金)17:00必着
二次公募:平成30年8月初旬〜平成30年8月下旬(予定)
スケジュールにつきましてはSIIホームページにて最新の情報をご確認ください。

スケジュール