アクアフィールのイメージ画像

まるでスパ!?
日々の疲れも忘れる肩湯の心地よさ

リラックス #アクアフィール(肩湯・肩ほぐし湯・腰ほぐし湯)

在宅ワークや家事などで忙しく過ごす毎日。
家にこもる時間が増え、リフレッシュする機会がない…。
そんな方にオススメしたいのが、日々のバスタイムの充実です。
お気に入りの入浴アイテムを見つけたり、
半身浴でドラマを楽しんだり。
何気なく過ごしがちなバスタイムに少しこだわることで、
溜まりがちな疲れやストレスを忘れる、贅沢な時間に変わります。
今回は、まるでスパのような至福の「肩湯」が堪能できる
LIXILスパージュのアクアフィールをご紹介します。

アクアフィールの魅力を動画で見る

アクアフィールのここがオススメ

  1. 01 「肩湯」
    スパージュ

    肌をなでるお湯で、やさしく身体をあたためる。
    極上のリラックスが味わえます。

    肩湯に浸かる女性のイメージ画像
    入浴5分後のリラックス度を心拍の揺らぎから分析したグラフ 入浴5分後のリラックス度を心拍の揺らぎから分析したグラフ

    入浴5分後のリラックス度

    入浴中のリラックス度を心拍の揺らぎから分析すると「肩湯」を使用した半身浴はリラックスしている時に出る波長の成分(HF)の比率が多く、全身浴よりリラックスしていることがいえます。
    (メディカルシステム研修所と共同研究)

    • ※n=12平均値±標準偏差
    • ※2条件に有意差あり
      【測定条件】水温:37℃

    10分入浴後のサーモグラフ

    「肩湯」を使用した半身浴は、全身浴に比べ首まわりが温まっています。「肩湯」は、首を直接温めることにより、血流量が増加し、半身浴でも効率よく深部体温を高めます。

    • 【測定条件】水温:41℃
      ※自社調べ。
    10分入浴後のサーモグラフ図
  2. 02 「肩ほぐし湯」
    スパージュ

    心地よいお湯のベールとともに、ウエーブ状の水流を。リズミカルでほどよい刺激で、首や肩まわりをやさしくほぐします。

    肩ほぐし湯に浸かる女性のイメージ画像
    肩のほぐれ度と肩の快適感を入浴前後で比較したグラフ

    両肩の筋肉をほぐし、違和感を快適に

    温水の適度な刺激は、緊張した筋肉をやわらかくほぐし、ゆるめる効果があります。官能テストで、肩まわりの違和感を快適にする結果が得られています。

    • ※被験者は30代~50代男性23人
    • ※肩の快適感は、VAS法を用いて被験者の主観により評価(快適:0、快適ではない:100)。 入浴前後の快適感の差を比較した値。
    • ※自社調べ

    マッサージ手法をお湯で再現

    実際のマッサージ手法を参考に、ウェーブ状の水流が両肩の緊張しやすい筋肉周辺をリズミカルな刺激でほどよく刺激します。

    水流のイメージ画像
    水流が肩に当たるイメージ画像 ※イラストはイメージです。

    ※本製品は疾病の予防や治療を目的としたものではありません。

  3. 03 「腰ほぐし湯」
    スパージュ

    腰まわりをほぐすような、心地よい刺激。
    あてたいところにジャストフィットする、マッサージ感が味わえます。

    腰ほぐし湯に浸かる女性のイメージ画像
    腰のほぐれ度と腰の快適感を入浴前後で比較したグラフ

    腰まわりの筋肉を優しくほぐす

    勢いよく吐出されるウェーブ状の噴流による刺激が、筋肉をやわらかくほぐし、ゆるめることで、腰まわりの違和感を快適にする結果が得られています。

    • ※被験者は30代~50代男性21人
    • ※肩の快適感は、VAS法を用いて被験者の主観により評価(快適:0、快適ではない:100)。入浴前後の快適感の差を比較した値。
    • ※自社調べ

    湯にさすられ、解きほぐすような刺激

    ウェーブ吐水は、今までのジェット噴流とは違う、湯にさすられ、解きほぐされているような心地よい感触を味わえます。

    水流のイメージ画像
    ウェーブ吐水口からお湯が流れる様子 ※イラストはイメージです。

    ※本製品は疾病の予防や治療を目的としたものではありません。

こちらもおすすめ

こだわり・キーワード一覧へ戻る