新商品

スパージュ:「S」リラックステクノロジー

SPAGE
「S」リラックステクノロジー

アクアフィール

お湯の流れをコントロールする、「S」リラックステクノロジー。健康とくつろぎを見つめて、日々の入浴で実感できる、快適さ、心地よさを満喫していただけます。

「肩湯」

肌をなでるお湯で、やさしく身体をあたためる。
極上のリラックスが味わえ、日々の活力を高めます。

「S」リラックステクノロジー

標準仕様PZ CZオプションPX CX BX

肩湯

美容にも健康にもふさわしい、新しい入浴。

半身浴の利点のひとつは、全身浴に比べ、湯量が少なく腹部への水圧による負担が少ないために、呼吸がしやすく、長く入浴できること。さらに、「肩湯」を使用した半身浴は、上半身が湯の外に出ていても、首や肩を温めることにより、快適にゆったりと時間をかけて入浴が楽しめます。

「肩湯」を使用した半身浴は、全身浴よりリラックスできます。

浴びた時の心地よさ、流れ出る湯の美しさ、せせらぎのように静かで心地よい水音など、五感に訴える極上の時間。リラックスの度合いを測る副交感神経の測定でも、その効果が見られます。

美容にも健康にもふさわしい、新しい入浴。

※イラストはイメージです。

入浴5分後のリラックス度

入浴中のリラックス度を心拍の揺らぎから分析すると「肩湯」を使用した半身浴はリラックスしている時に出る波長の成分(HF)の比率が多く、全身浴よりリラックスしていることがいえます。

入浴5分後のリラックス度

(メディカルシステム研修所と共同研究)

※n=12平均値±標準偏差
※2条件に有意差あり
【測定条件】水温:37℃

入浴5分後のリラックス度

※イラストはイメージです。

肩湯

少ない湯量でも、全身浴と同等に身体の芯から温まります。

「肩湯」を使用した半身浴は、全身浴と同等に身体の深部体温が上昇します。
入浴により身体の内部の温度が上がると、ストレス解消につながると言われています。

深部体温(舌下温)
深部体温(舌下温)

(快適感、深部体温ともに愛知医科大指導による自社調べ)

「肩湯」を使用した半身浴は、全身浴と同様に、入浴中の深部体温が上昇しており、同様に温まっているといえます。これは、首は皮膚近くに太い動脈があるために効率的に温めると考えられます。

※n=12平均値
【測定条件】水温:41℃

10分入浴後のサーモグラフ
10分入浴後のサーモグラフ

「肩湯」を使用した半身浴は、全身浴に比べ首まわりが温まっています。
【測定条件】水温:41℃

※自社調べ。

首から肩にまとう厚さ約4mmのお湯のベール。ここに、こだわりがあります。

私たちが求めたのは、真にくつろげる新感覚の入浴スタイル。その心地よい感触を生み出すために、なめらかに、途切れることなく流れ続けるお湯のベールを実現しました。お湯の流れをコントロールする薄膜吐水技術により生まれた、約4mmという均一で身体を包み込むようなお湯の姿。心地よく、溢れるようなお湯が、快適なお湯のあたりを実現します。

首から肩にまとう厚さ約4mmのお湯のベール。ここに、こだわりがあります。
首から肩にまとう厚さ約4mmのお湯のベール。ここに、こだわりがあります。

※「肩湯」は株式会社LIXILの登録商標です。

「肩ほぐし湯」

心地よいお湯のベールとともに、ウエーブ状の水流を。
リズミカルでほどよい刺激で、首や肩まわりをやさしくほぐします。

「S」リラックステクノロジー

標準仕様PZ CZオプションPX CX BX

肩ほぐし湯

両肩の筋肉をやわらかくほぐし、肩まわりの違和感を快適に。

温水の適度な刺激は緊張した筋肉をやわらかくほぐし、ゆるめる効果があります。膜状の吐水の下に隠されたウェーブ状の水流は、両肩の緊張しやすい筋肉周辺をリズミカルな刺激でほどよく刺激。官能テストにおいても肩まわりの違和感が快適になったという結果もあります。

※本製品は、疾病の予防や治療を目的としたものではありません。

肩のほぐれ度
肩のほぐれ度
肩の快適感
肩の快適感

※被験者は30代〜50代男性23人
※肩の快適感は、VAS法を用いて被験者の主観により評価(快適:0、快適ではない:100)。入浴前後の快適感の差を比較した値。
※自社調べ

両肩の筋肉をやわらかくほぐし、肩まわりの違和感を快適に。

※イラストはイメージです。

肩ほぐし湯

「肩ほぐし湯」は、マッサージ手法のひとつ「切打法」をお湯で再現します。

マッサージの手法でよく用いられる、「切打法」。手をひらき手刀を切るようにして小指側で優しく軽やかに叩くこのマッサージは、リズム良く一定の時間をゆっくりかけることでリラックス効果が得られます。首から肩に、優しいお湯をまとうかのようなお湯のベールとともに2つの吐水口からリズミカルなウェーブ状の水流が、首元から肩にかけて、まさに切打法のマッサージの感触を再現します。

「肩ほぐし湯」は、マッサージ手法のひとつ「切打法」をお湯で再現します。

※イラストはイメージです。

切打法を再現するリズムと強さ
切打法を再現するリズムと強さ

※イラストはイメージです。

切打法を再現するリズムと強さ

「腰ほぐし湯」

腰まわりをほぐすような、心地よい刺激。あてたいところに
ジャストフィットする、マッサージ感が味わえます。

「S」リラックステクノロジー

標準仕様PZ CZオプションPX CX BX

腰ほぐし湯

腰の筋肉を優しくほぐし、違和感を快適に。

勢いよく吐出されるウェーブ状の噴流による刺激が、まるでさすられ解きほぐされるような刺激で心地よいマッサージ感を腰まわりにあたえます。筋肉をやわらかくほぐしゆるめることで、違和感が快適になったという結果もあります。

※本製品は、疾病の予防や治療を目的としたものではありません。

腰のほぐれ度
腰のほぐれ度
腰の快適感
肩の快適感

※被験者は30代〜50代男性21人
※腰の快適感は、VAS法を用いて被験者の主観により評価(快適:0、快適ではない:100)。入浴前後の快適感の差を比較した値。
※自社調べ

腰の筋肉を優しくほぐし、違和感を快適に。

※イラストはイメージです。

腰ほぐし湯

湯にさすられ、解きほぐすような刺激を実現しました。

背骨の両脇の筋肉を狙った噴流が、腰まわりを広範囲にほぐします。ウェーブ吐水は、いままでのジェット噴流とは違った、湯にさすられ、解きほぐされているような感触を実現。かつてない快適さが実感できます。

湯にさすられ、解きほぐすような刺激を実現しました。

※イラストはイメージです。

気になる箇所へ、噴流を的確に。

吐水ノズルを垂直にすれば縦方向のウェーブ吐水に。
吐水ノズルを垂直にすれば縦方向のウェーブ吐水に。
吐水ノズルを垂直にすれば縦方向のウェーブ吐水に。
吐水ノズルを水平にすれば横方向のウェーブ吐水に。
吐水ノズルを水平にすれば横方向のウェーブ吐水に。
吐水ノズルを水平にすれば横方向のウェーブ吐水に。

吐水ノズルは、簡単に360°回転させることができます。体形や、気になる箇所に合わせて、ウェーブ吐水の向きをお好みで調整できます。

※イラストはイメージです。

※北海道仕様は、仕様、価格が異なる場合があります。詳細はカタログにてご確認下さい。