「あたたかさ」を守る基本性能、まるごと保温。

浴槽はもちろん、天井、壁、床と空間まるごとであたたかさを守る「まるごと保温」。
省エネにもつながり、入浴中の心地よさはもちろん、次に入る方へのやさしさもそこには込められています。

「あたたかさ」を守る基本性能、まるごと保温。

冬場に増える浴室での事故は、
温度差によるヒートショックが原因!

「あたたかさ」を守る基本性能、まるごと保温。

ヒートショックとは、暖かい部屋と寒い部屋との温度差で、血圧が乱高下、心筋梗塞や脳卒中を起こす危険のこと。交通事故死者数の約4倍※1の死因ともなっています。ヒートショックを防ぐには、リビングなど暖かい居室と浴室など寒い水まわりの温度差を緩やかにすることが大切です。

※1:2017年度ヒートショックに関連した入浴中急死に至った人数推計約19000人と、2013年度の交通事故による死亡者数約4400人の比。 ※2:2017年1月25日消費者庁ニュースリリース「冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください!」※3:厚生労働省「熱中症の死亡数−平成25年までの動向−」※4:総括・分担研究報告、警察庁「平成25年度の交通事故死亡者数について」

天井・壁・床[まるごと保温]

標準仕様PZ PX CZ CX BX

壁パネルの断熱性

スパージュは、全てのタイプで保温材を標準搭載。
天井・壁・床に保温材をプラス。更にサーモバスSも標準搭載であたたかさを守ります。入浴中の心地よさはもちろん、次に入る方へのやさしさもそこには込められています。

天井・壁・床[まるごと保温]

バスルームの天井・壁・床に保温材をプラスして保温性を高めます。

天井・壁・床[まるごと保温]

Lパネル(保温仕様)の性能

【測定条件】

  • 環境温度0℃にて、45℃の温水をシャワー散水し、測定点が30℃に到達した時点で散水を停止。その後、測定点の温度低下状況を測定。
  • 測定箇所:1616サイズ浴室中央=1100mm
Lパネル
Lパネル
セラミックパネル
セラミックパネル
タイルパネル
タイルパネル

※イラストはイメージです。

ダブル保温構造でお湯が冷めにくい[サーモバスS]

サーモバスS

標準仕様PZ PX CZ CX BX

4時間後でも湯温は約2.5℃しか下がりません。

浴槽内の温度変化

ダブル保温構造でお湯が冷めにくい[サーモバスS]

【測定条件】

  • 周辺環境:10℃±2℃
  • 測定浴槽:サーモバスS(保温組フタ・浴槽保温材付)、従来浴槽(巻フタ・浴槽保温材なし)
  • 測定箇所:浴槽の深さの約70%の湯量で、湯面から100mm、底面から100mmおよびその中間の3ヵ所の平均値。

※湯温変化はJIS高断熱浴槽基準の設定条件で測定した試験値であり、保証値ではありません。
注意:給湯器が追いだき配管の凍結を防ぐため浴槽のお湯を循環した場合は、表示値よりも湯温が低下します。

ダブル保温構造(JIS高断熱浴槽準拠)

ダブル保温構造でお湯が冷めにくい[サーモバスS]

※イメージ図です。

足元が冷ヤッとしない[キレイサーモフロア]

足元が冷ヤッとしない[キレイサーモフロア]

標準仕様PZ PX CZ CX BX

微細な中空バルーンを含んだ独自の断熱層を重ねた構造によって、足が床に触れたときに足裏から逃げる熱(熱流束値)を、従来の床(自社従来品)に比べて約25%低減。

サーモグラフで見る、キレイサーモフロアの効果

サーモグラフで見る、キレイサーモフロアの効果

左図は左足をキレイサーモフロアに、右足を従来の床(自社従来品)に15秒間接した後の足裏の温度分布をサーモグラフで示したものです。

【測定条件】
床表面温度:5℃
足裏の初期温度:27℃ 被験者:成人

冷ヤッとしないヒミツ

冷ヤッとしないヒミツ

私たちがモノに触れたとき、身体の熱を奪われることで冷たさを感じます。

冷ヤッとしないヒミツ

中空バルーンを含む独自の断熱層によって、足裏から逃げる熱を少なくして、冷たさを感じにくくします。

グランフロアも、冷ヤッとしません。

グランフロアも、冷ヤッとしません。

微細な中空バルーンを含んだ独自の断熱層で、キレイサーモフロア同等の冷ヤッとしない温熱効果を確保。

冬の脱衣もあたたかく[洗面室暖房機]

オプションPZ PX CZ CX BX

寒い洗面室をいつでもあたたかく。入浴後の洗面室の寒さをやわらげ、冬場の脱衣や湯上りの冷えを防ぎます。

冬の脱衣もあたたかく[洗面室暖房機]

※写真はイメージです

200V 洗面室暖房機

洗面室温度上昇と暖房運転時間

冬の脱衣もあたたかく[洗面室暖房機]

【測定条件】

  • 初期温度条件:5℃
  • 測定位置:1坪サイズ洗面室中央の高さ(50o、150o、650o、1150o、1650oの5点平均)
  • 運転モード:暖房強※洗面室の広さ・壁の材質・洗面室暖房機取付位置などにより、温度変化は異なります。

寒い季節の暖房や衣類の乾燥など多彩な機能[換気乾燥暖房機]

オプションPZ PX CZ CX BX

換気乾燥暖房機の暖房機能を入浴前から使用すれば、浴室の予備暖房になり、寒さによる体への負担を軽減することができます。

寒い季節の暖房や衣類の乾燥など多彩な機能[換気乾燥暖房機]

※写真はイメージです。

200V 換気乾燥暖房機

浴室温度上昇と暖房運転時間

寒い季節の暖房や衣類の乾燥など多彩な機能[換気乾燥暖房機]

【測定条件】

  • 初期温度条件:5℃
  • 測定位置:1.25坪(1620タイプ)サイズ浴室の洗い場床上400mmの5点平均
  • 運転モード:入浴前暖房

※浴室の広さ・壁の材質・窓の大きさなどにより、温度変化は異なります。

浴室の気になるカビや、乾燥時には衣類についたニオイを、抑制。暮らしをもっと快適にする浴室へ[プラズマクラスター搭載換気乾燥暖房機]

オプションPZ PX CZ CX BX

自然界にある+(プラス)と−(マイナス)のイオンをプラズマ放電により作り出し放出するプラズマクラスター技術によりカビの元となる浮遊カビ菌や浮遊菌を抑制します。

※効果はご使用環境やご使用方法、浮遊カビ菌・浮遊菌の種類により異なります。

プラズマクラスター25000

プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。

浴室の気になるカビや、乾燥時には衣類についたニオイを、抑制。

※写真はイメージです。

1.浮遊カビ菌を抑制

カビの元になる浮遊カビ菌を抑えることができます。※1

浮遊カビ菌を抑制

※イラストはイメージです。

※1 試験機関:(一財)石川県予防医学協会、試験方法:1620サイズの浴室にネブライザー(噴霧装置)でカビ菌を浮遊させ、洗い場中央にエアーサンプラー(空気中の微生物捕集装置)を設置して捕集後、培養して菌数を測定。プラズマクラスター25000搭載機種を用いてクリーン運転(プラズマクラスターイオン循環)を行い、時間ごとの菌数を比較。
試験条件:温度約29℃、湿度約50%
試験結果:「自然放置(換気なし)」に対して37分で99%の除菌効果を確認。
※効果はご使用環境やご使用方法により異なります。

2.ピンクぬめりを抑制

増殖スピードが速いピンクぬめりを抑えることができます。※2

ピンクぬめりを抑制

※2 試験機関: (一財)日本食品分析センター、試験方法:浴室排水溝の位置に酵母(ピンクぬめり原因菌)を付着させた試験片を配置し、プラズマクラスター25000搭載機種を用いてクリーン運転(プラズマクラスターイオン循環)60分を毎日繰り返し行い、機器なしと菌数を比較。
試験条件:温度約27℃、湿度約65%
試験結果:機器なしに対し4日目に99%以上の抑制効果を確認。 写真は試験片から抽出して計測した菌を培養した培地。
※効果はご使用環境やご使用方法により異なります。

3.衣類のニオイを抑制

衣類に付着したタバコ臭を抑えることができます。※3

衣類のニオイを抑制

※3 試験機関:シャープ株式会社、試験方法:タバコ臭を付着させた試験片で消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。試験結果:プラズマクラスター25000搭載機種を用いて衣類クリーン運転を行い、約60分後に気にならないレベルまで消臭。(ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって消臭効果は異なります。)
※効果はご使用環境やご使用方法により異なります。

プラズマクラスターによる浮遊カビ・浮遊菌の抑制メカニズム

浮遊カビ菌や浮遊菌に対し、表面の細胞膜のタンパク質を分解して、無効化します。

プラズマクラスターによる浮遊カビ・浮遊菌の抑制メカニズム

※イラストはイメージです。

※北海道仕様は、仕様、価格が異なる場合があります。詳細はカタログにてご確認下さい。