先行技術について

先行技術とは

先行技術の背景

2015年 COP21において「パリ協定」が採択され、その目標(世界全体の気温上昇を産業革命前と比較して、2℃より十分下回るよう、更に1.5℃までに制限する努力を継続)等を踏まえ、日本では 2020年10月に「2050年カーボンニュートラル」を宣言しました。

これらを受けて、現状 日本における最終エネルギー消費の約3割を占める民生部門(業務・家庭部門)の活動が展開される住宅・建築物においても、更なる省エネルギー化や脱炭素化に向けた取組の一層の充実・強化が不可欠となっています。

先行技術は、省エネと快適・健康・知的生産性向上のためにLIXILが取組んでいる技術の一部です。

先行技術採用物件のイメージ (出典)環境省 ZEBポータル より

先行技術採用物件のイメージ
(出典)環境省 ZEBポータル より

先行技術ラインナップ