ボイド型換気

ボイド型換気

建物内に煙突と同じような風の流れる空間≪ボイド≫を設け、空気の熱による上昇気流で屋上などに設置した窓から汚れた空気を排出する換気手法です。自然エネルギーによって換気が行われるので省エネ効果が期待できます。

ボイド型換気

微風時

良好な自然換気状態

すべての給気窓から新鮮外気が入り、ボイドを経由して最上部から排気される状態が良好な換気です。

良好な自然換気状態

強風時

逆流が起きる好ましくない状態

逆流が起きる好ましくない状態

超高層ビルでのボイド型換気の場合、強風時に給気が多すぎるとボイド上部で排気しきれず、居室に低層階の汚れた空気が入ってしまう逆流が起きる場合があります。

風量を抑制し良好な自然換気の状態

風量を抑制し良好な自然換気の状態

強風時の給気過多による逆流を防ぐためには給気量を調整する定風量性が有効な対策の一つです。

気の風量調整機能を備えた開口Segel swing

定風量羽根により強風時でも室内への風の取込み量を一定に保つことができます。

微風時

微風時

定風量羽根は水平を保ったままのため、通期経路は大きく確保されています。

強風時

強風時

定風量羽根に揚力が発生し、通気経路を塞ぐ方向に回転、通気量を抑制します。

詳しくはこちら