新製品
特長 : 両立した断熱性と水密性

両立した断熱性と水密性

フレームをスリム化し、断熱性を向上

窓の断熱性を高めるためには、熱を通しやすいフレームを小さくし、熱を通しにくいガラス面を大きくする必要があります。
プレセア-Sは、フレームを極限までスリム化。
ガラス面積を拡大することで、断熱性H-4を実現させました。

フレームをスリム化し、断熱性を向上
  • ※引違い窓上かまち比較

排水経路を分離し、水密性をアップ

ガラス溝に溜まった雨水と、室内側に溜まった結露の排水経路を分離。
逆流防止機構の結露排水弁で排水することで、水密性1000Paを実現させました。

排水経路を分離し、水密性をアップ
  • ※FIX窓比較