設計資料と注意事項

設計・施工にあたってのご注意

「アラテクト」の設計・施工に際しては以下の点にご注意ください。

  • アラテクトは木造在来軸組工法住宅の耐震補強を行うものです。
    伝統工法や枠組壁工法には使用できません。
  • アラテクトの設計・施工は、弊社主催の技術講習会を受講した登録店様が行います。
    技術講習会受講には資格条件があります。詳しくは、弊社担当者にお問い合わせください。
  • アラテクトを用いたリフォーム工事の品質保証等は工事請負業者様が負います。
    ※アラテクト資材納入時、資材の製造そのものに起因する不具合が発生していた場合には、弊社責任において、材料の取り換えを行います。

よくあるご質問

アラテクトシートの耐久性は?
アラミド繊維は紫外線により劣化しますが、アラテクトシートは表面に樹脂を含浸しており、直接紫外線があたりません。さらに、室内で用いるため長時間紫外線にさらされることはありません。
アラテクトシートの難燃性は?
アラミド繊維には難燃性がありますが、難燃材としては認定されていません。よって、下地にせっこうボードを用いた仕様としています。
アラテクトはどのような家にも対応できるの?
対応できる建物には、以下のような制限があります。
建物の用途:住宅、共同住宅、長屋建物の工法:木材在来軸組構法建物の規模:3階建て以下
※詳細は適用範囲をご参照ください。
新築にも使えますか?
使用しても建築基準法の壁量計算に用いることはできません。
合板等で安価に耐震性能を得られるので、新築に用いるメリットがありません。
助成金を使えますか?
一般財団法人日本建築防災協会の評価を取得しているため、助成金の対象になります。
但し、助成制度を利用するには、「昭和56年以前に建築されている」や「地域の登録診断士が行う」など、自治体によって条件が定められているため、必ず住宅のある市区町村に事前にご相談ください。