圧倒的な厚みで優れた強度と断熱性を実現。LIXILの専用工場で厳しい品質管理のもと製造される高品質パネル、DRPⅢ (ダントツルーフパネルⅢ)は地域や用途によって2タイプから選択できます。

圧倒的な厚みで優れた強度と断熱性を実現。LIXILの専用工場で厳しい品質管理のもと製造される高品質パネル、DRPⅢ (ダントツルーフパネルⅢ)は地域や用途によって2タイプから選択できます。

DRP89neo

切妻から寄棟まで。デザインの自由度も高い高性能屋根パネルです。

高強度

高強度

最大スパン2.95m※。

ビルや鉄橋で使用されているH形鋼は、丈夫なためスパンを長くすることができます。DRP89neoは、これと相似した力学原理であり、複雑な小屋組の必要がなく小屋裏の有効利用が実現できます。

※上記は一般地・積雪30cm・5寸勾配・軽い屋根の場合です。

高耐震

高耐震

高い水平力で地震に強い。(床倍率3.56倍※)

耐震性能で思い浮かぶのが、壁や柱などの垂直面の強度です。
しかし、床や屋根などの水平面がそれを上回る強さがないと、効力を発揮できず、いざ地震が起きたときに建物が倒壊する恐れがあります。DRP89neoは一般在来工法の約5倍に相当する床倍率3.56倍※という強い水平力を確保。大地震でも安心な住宅性能表示の構造等級2・3レベルを実現できます。

※高床倍率仕様、5寸勾配の場合

※床倍率には、大臣認定制度の仕組みがないため、住宅性能評価機関の独自評価となります。DRPⅢでは、(財)日本住宅・木材技術センターにて床倍率試験を実施し、住宅性能評価機関である(株)日本住宅保証検査機構(JIO)で評価される仕組みがあります。(設計仕様により異なります)

耐風力

耐風力

台風にも安心。

鉛直力、水平力に対して強く抵抗する性能に加え、台風などの強い風による吹き上げに対しても、専用ビスを用い、躯体に緊結するので飛ばされる力を抑えます。

[専用ビス]

[専用ビス]

高遮熱

高遮熱

夏の熱気を遮り快適。

高い遮熱性能で屋根面からの熱を効果的にさえぎります。
夏場の実験※で約40℃もの熱をカットできました。

※右のイラストは2002年7月26日埼玉県での実験値です。
イラストと実例物件とは異なります。

高断熱

高断熱

冬の冷気を抑え快適。

DRP89neoの断熱性能は、一般的な断熱材(グラスウール)と比較すると、約2倍の断熱性能があります。

省施工

省施工 省施工

省施工性を実現。

DRP89neoは、一般在来工法で必要な防湿フィルムや通気層などの施工が不要な優れた性能を持っています。また、パネルは物件に合わせたサイズにジャストカット※3している為、現場では余計な端材が発生しません。

■ 防湿フィルム施工なし
■ タル木施工なし

■ 通気層施工なし※1
■ 野地合板施工なし※2

■ 断熱材施工なし
■ あおり止め金物施工なし

■ 物件に合わせたジャストカット対応※3

※1 温熱4等級評価を受ける際、屋根材が限定される場合があります。

※2 ルーフィングはゴムアスファルト系を必ずご使用ください。

※3 製作範囲以内でのジャストカットです。

DRP140

高性能な省エネ住宅にふさわしい断熱性能。強度や施工性においても最高水準の屋根パネルです。

高断熱

高断熱

最高水準の断熱性能をクリア。

暖気の逃げ道となる屋根は、断熱対策が最も難しい部位です。DRP140は、最高水準の断熱性を屋根パネルとして実現。吹き抜けの大空間や小屋裏のある住宅でも、季節を問わず快適に過ごせます。

断熱性

DRP140の断熱性能はグラスウール10kgにすると厚さ292mmに、16kgにすると263mmに相当します。

高遮熱

高遮熱

外気の影響を抑えて快適。

夏場、室内を暑くする主な原因は、太陽に照らされて熱くなった屋根からの伝導熱です。DRP140は屋根表面の熱が屋根裏まで極めて伝わりにくいため、室温の上昇を抑制することが出来ます。その結果、住まい全体の冷房負荷を大きく削減し、高い省エネ効果を発揮します。

高耐震

高耐震

高い水平力で地震に強い。(床倍率3.56倍※)

耐震性能で思い浮かぶのが、壁や柱などの垂直面の強度です。しかし、床や屋根などの水平面がそれを上回る強さがないと、効力を発揮できず、いざ地震が起きたときに建物が倒壊する恐れがあります。DRP89neoは一般在来工法の約5倍に相当する床倍率3.56倍※という強い水平力を確保。大地震でも安心な住宅性能表示の構造等級2・3レベルを実現できます。

※高床倍率仕様、5寸勾配の場合

※床倍率には、大臣認定制度の仕組みがないため、住宅性能評価機関の独自評価となります。DRPⅢでは、(財)日本住宅・木材技術センターにて床倍率試験を実施し、住宅性能評価機関である(株)日本住宅保証検査機構(JIO)で評価される仕組みがあります。(設計仕様により異なります)

高強度

高い面外曲げ強度で積雪に強い。間口7.28m※までの大空間が可能。

DRP140はさらに高強度を追求し、最大スパン4.0mを達成。4間(7280mm)まで母屋なしの大空間が実現でき、プランニングの自由度も広がります。

高強度
高強度

※上記は一般地・積雪30cm・5寸勾配・軽い屋根の場合です。

耐風力

耐風力

台風にも安心。

鉛直力、水平力に対して強く抵抗する性能に加え、台風などの強い風による吹き上げに対しても、専用ビスを用い、躯体に緊結するので飛ばされる力を抑えます。

[専用ビス]

[専用ビス]

省施工

省施工

さらに省施工を実現。

優れた高強度性能により、母屋梁が不要(削減)。また、パネルの大型化による施工枚数の削減により、さらに省施工を実現できます。

※1 温熱4等級評価を受ける際、屋根材が限定される場合があります。

※2 製作範囲以内でのジャストカットです。